デスカンファレンスを開催しました!!

 

第1回目となる西原クリニックデスカンファレンスが開催されました。

デスカンファレンスとは、患者の死後に行われるカンファレンスで、今後より良いケアを患者さんに提供していくために、ケアの振り返りや看護の妥当性の検証などの意見を交換しあって問題点や改善点をあきらかにして、次に活かすためのものです。あとはスタッフのバーンアウトの予防も含まれます。

 

まず、師長よりデスカンファレンスの目的・意義について説明がありました。

次に、背景から入院までの経過、入院後の経過などの事例説明があり、検討に移ります。

 

検討の中で「日常のカンファレンスで積み残したり、話しにくかったりすることをデスカンファレンスで共有し、次に活かせるように経験を整理します」との意見が出ました。

また事例を振り返り、体験を客観的に整理して意味づけることは、自分の気持ちを素直に認めることにつながり、自己効力感を高く感じるとの事。デスカンファレンスを通して見えてきた今後の課題にはスタッフ全員で改善していこうと、まとまりました。

最後に院長先生より「死にむかう患者とその家族は、死を迎えるまで気持ちが揺れ動いている。私たちは、その苦痛を理解しよう、理解したいと思いベッドサイドに立ち、寄り添っていきたい。」と締められました。

 

 

今後も西原クリニックでは、このカンファを通して常に患者さん・ご家族の立場に立ってより良いケアを提供し続けようと頑張ります。


-かぜ~ケガ~がんの相談まで-

西原クリニック

熊本県荒尾市西原町1丁目4-24

TEL 0968-62-0622

FAX 0968-62-4459


 

「糖尿病」勉強会2

2017-07-05

5月に続いて本年度2回目の糖尿病についての勉強会でした。

前回も触れましたが糖尿病は、現代医学でも治せない病気の一つです。

糖尿病の治療はほかの病気と違い、治すというよりもいかに病気(血糖)をコントロールするに重点がおかれます。

 

糖尿病の患者さんで「食前の飲み薬を飲み忘れたのですが、今飲んでも大丈夫ですか?」と質問を受けることがあると聞きます。 糖尿病のお薬の中には、食直前に飲まないと、低血糖を起こしてしまう薬や、効果がでないお薬がありますので、服用のタイミングには注意が必要になります。

 

糖尿病に限らず処方薬を飲み忘れたり、自己判断で服用を中止したりしたことがあるそうです。

 

こうした現状について、製薬会社では週1回の投与で血糖のコントロールが得られる薬を開発しているが、その人にあった処方をするのは医師です。

いかに患者さんとのコミュニケーションを密にし、服薬アドヒアランスを向上させ、患者の積極的な治療参加を促すことが大切だそうです。

 

常に「寄り添った医療を目指して」をモットーとしている当院の得意とするところです。

“安心してください!!糖尿病も西原クリニックへ!!”

勉強会 写真2


-かぜ~ケガ~がんの相談まで-

西原クリニック

熊本県荒尾市西原町1丁目4-24

TEL 0968-62-0622

FAX 0968-62-4459


 

法人全体会議が開催されました!!

医療法人成風舎 平成29年度 第1回全体会議

 

法人の全体会議でした。場所は複合介護施設風の杜です。

医療法人成風舎の全職員を対象にした会議で、通常勤務以外ほとんどの参加がありました。
西原クリニックでは本年度の当院全体の目標が院内研修計画と共に師長より発表され、次に各部所より今年度の目標の発表がそれぞれのリーダーよりありました。

その後中村理事長より本年度の方針についての話があり、最後に教育アドバイザーの石井先生より「専門職として問い続けたいこと」と題して研修がありました。

会議に参加した職員は、普段はあまり関わることない職場の様子にも熱心に耳を傾けていました。

当法人の職員として、職場の垣根を超えて連携・協力の大切さを改めて意識できたと思います。

 

今後も私たちは患者さんのために、医療のプロフェッショナルとして知識・技術の習得、向上させることに全力を注ぎます。

 


-かぜ~ケガ~がんの相談まで-

西原クリニック

熊本県荒尾市西原町1丁目4-24

TEL 0968-62-0622

FAX 0968-62-4459


 

「糖尿病」勉強会

糖尿病についての勉強会でした。よく病名は聞き慣れてるんですが、おさらいです。

糖尿病とは?(|| ×m×)

糖尿病とは血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)が上がる病気です。

血糖値が高くてもすぐに問題となることはあまりありませんが、数年間続くと全身の血管を障害して合併症をひきおこす可能性が高くなります。糖尿病には1型糖尿病と2型糖尿病があり、日本では男性で約6人に1人、女性では約11人に1人2型糖尿病にかかっている疑いがあります。

さてこの2つ(1型糖尿病と2型糖尿病)の違いですが、1型糖尿病はインスリン依存型で、自己免疫疾患などが原因で発症するそうです。インスリンを作る膵臓の細胞が何らかの原因でこわされることで、インスリンが作られなくなり、糖尿病になります。子どもや若年者に多くみられます。

2型糖尿病ですが、インスリン非依存型で、遺伝的要因や過食・運動不足などの乱れた生活習慣など様々な要因が原因で発症するそうです。いわゆる「生活習慣病」と言われていますね。発症初期の場合、生活習慣の改善等で軽快することもありますが、悪化するにつれ内服や、インスリン自己注射の治療が必要となるそうです。しかし、日常から生活習慣に気をつければ予防できる病気だそうです。

 

血糖値の高い状態が続くと、様々な症状があらわれます。しかし、軽症の糖尿病の場合、自覚症状がみられないことが多く、発見が遅れることがあります。怖いですね。怖||´・д・)コワィョォ・゚・

 

また、血糖値が高い状態が長く続くと、合併症が起こる可能性が高くなります。治療をきちんと行い血糖コントロールをすることで、新たな合併症が起こるのを防ぎ、また、起きてしまった合併症の進行を抑えることができます。

もし体がだるい・のどが渇く・足がつる・尿が出にくい等症状が気になったら、一度糖尿病の検査を受けてみて下さい。

また、身内に糖尿病の方がいらっしゃる場合も、ぜひご自身も一度検査を受けて下さい。

 


-かぜ~ケガ~がんの相談まで-

西原クリニック

熊本県荒尾市西原町1丁目4-24

TEL 0968-62-0622

FAX 0968-62-4459


 

「認知症について」の研修会

5/26「認知症について」をテーマに、NHO大牟田病院の「認知症看護認定看護師」宮本光弘さんをお迎えして、複合介護施設 風の杜にて研修会を開催しました。

認知症とは~認知症の各症状の説明~対応方法の説明がありした。

 

本日は“基礎編”として認知症の4つの種類を再確認しました。

日本では四大認知症としてアルツハイマー型認知症と血管性認知症・レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症が挙げられています。 それぞれ違ったタイプの認知症の症状でケアの方法や対応も違ってきます。

一番印象に残ったのが、認知症の主な症状として記憶障害と見当識障害等を伴う中核症状がありますが、それらを早くに察知し対応することで、その次に現れる周辺症状=行動障害「BPSD」を防げるとのことでした。その対応として重要なことは、適切なケアであるという事です。認知症の方との関わり(コミュニケーション等)の中で、いかにその方の世界に合わせられるかであり、その根本にはその方の状況や気持ちを理解することから始まり、私たちが目指す「寄り添う医療を目指して」につながるという事を改めて再認識させて頂きました。

西原クリニックでは、こういった研修会等で学習した事を活かしながら、患者さん一人ひとりにどのようなケアをしていくべきかを考え、常に相手の気持ちに寄り添ったケアを心がけていきたいと思います。

 

宮本さん、お忙しい中ありがとうございました。

 


-かぜ~ケガ~がんの相談まで-

西原クリニック

熊本県荒尾市西原町1丁目4-24

TEL 0968-62-0622

FAX 0968-62-4459

 

緩和ケア 研修会

4/21は「緩和ケア」をテーマに、当クリニックの教育アドバイザーの石井先生をお迎えして研修会を開催しました。

まず事例(ケアカンファレンス・選定理由~経過など)が紹介され、それを基に話し合い石井先生のレクチャーを受けました。

「緩和ケア」とは、がんに伴う体と心の痛みを和らげ、生活やその人らしさを大切にする考え方です。がんと診断されたときから、患者さんとご家族が自分らしく過ごせるように、医学的な側面に限らず、身体的・精神的・社会的・スピリチュアルなど幅広い対応をして、がん治療を充実させる大切なケアです。

石井先生よりレクチャーが行われ、患者を支援するという気持ち=自分の感情に素直になる。

相手の想いを汲み取るかかわり方(つまり自分の感性を磨くという事。)を大事とし、患者様・家族に寄り添う気持ちの重要性をあらためて参加者全員で共有しました。

 

がん患者と家族の生の声を聴き、それぞれの生き様にふれ、治療の限界を超えて、我々にできることは何かを、我々自身が発見し、医療の現場で働くことの豊かな意味と喜びを知るという事を改めて考えさせられました。

石井先生ありがとうございました。

 

PS.石井先生がB’zのファン歴25年以上とは驚きました。(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-

 


-かぜ~ケガ~がんの相談まで-

西原クリニック

熊本県荒尾市西原町1丁目4-24

TEL 0968-62-0622

FAX 0968-62-4459