待合室を見つめる「おひな様」!!

西原クリニック1Fの待合室では季節を感じていただこうとイベントごとに壁面を変えています。今回は来月桃の節句のお雛さんのタペストリーです。

2月9日のブログでは「ちらし寿司」について触れましたが、今回は「ひな祭り」に焦点を当ててみましょう!

春の訪れを感じる節句行事、「ひな祭り」。

「ひな祭り」は日本において、女子のすこやかな成長を祈る節句の年中行事です。

江戸時代までは、和暦の3月の節句である3月3日に行われていたそうです。明治の改暦以後は一般的にグレゴリオ暦の3月3日に行なうことが一般的になりました。

旧暦の3月3日は、桃の花が咲く時期であるため「桃の節句」と呼ばれることが多いんだそうです。

 

□ではいつから始まったのでしょう?

いつ頃から始まったのか歴史的には判然とせず、その起源説は複数あます。一説によると、起源は平安時代中期(約1000年前)にまでさかのぼるそうです。その頃の人々は、三月の初めの巳の日に、上巳の節句といって、無病息災を願う祓いの行事をしていました。上巳の節句が三月三日に定まったのは、わが国では室町時代(約600年前)頃のことと思われるそうです。華やかな女性のお祭りとなるのは、江戸時代からの事だそうです。

 

□なぜ、人形を飾るの?

元々、上巳の節句の際に、草や藁で作った人形(ひとがた)で体を撫で、穢れを移したものを川に流すことで厄払いとされていた行事と、貴族階級の女児が行っていた紙の人形のおままごと遊びである「ひいな遊び」が合わさって生まれたものだと言われています。

こうした行事と遊びが結びつき、穢れを移した人形を川に流す「流し雛」となり、長い月日を経て現在のような雛人形へと姿を変えてきたそうです。

このような背景から、雛人形は産まれてきた女の子に災いがふりかからないよう身代わりとなってもらうための人形であり、健やかに成長して幸せが訪れることを願って飾られるものなのです。

 

□ひな人形はいつから飾るの?

「この日」って決まった日ないのですが、一般的には立春(2月4日)が目安と言われています。遅くとも、ひな祭りの一週間前までには飾り付けを済ませるのがベストです。

逆にあまり一般的にはメジャーじゃないんですけど、飾るのに縁起が悪い日は、3月2日「ひな祭り」の前日だそうです!!

昔から3月3日節句の前日に飾るのは「一夜飾り」といって「お葬式」をイメージさせてしまうので縁起が悪いとされています。

たしかに「お葬式」も一夜飾りですもんね。

 

□じゃいつ片付けるの?

3月3日が終わったら片付ける地方が多いのですが、旧暦(4月3日)まで続けて飾る地域もあるそうです。 一般的には、ひな祭りから約2週間を目安に。 新暦の3月の中旬ごろまでにしまうのがよいとの事です。

ちなみに、雛人形を片付けるのは、「啓蟄の日」がベストだと言われています。 啓蟄の日というのは、二十四節気のなかのひとつで、3月6日ごろのことを指します。

「雛人形をしまうのが遅れると、婚期が遅れる」とよく言われますが、ただの迷信です。 この迷信は、「片付けがちゃんとできないようでは、きちんとした女性になれず、お嫁さんにもなれませんよ!」と、しつけの意味を込めての言い伝えだそうです。

婚期が遅れるから!!と言って焦って片づけるよりも大事な事は、お人形にとって負担の少ない「よく晴れた湿気のない日に片付ける」ということだそうです。

 

古くから受け継がれる習わしやしきたりにはそれぞれいろんな意味が込められていますね。

その意味や由来を知ると、感慨深く趣がでてきますね。

今回は「ひな祭り」について書きましたが、こうしたことを知ると、お雛様を扱う手も今までより慎重に丁寧になるでしょう!!


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

TEL:0968-62-0622    FAX:00968-62-4459

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24



 

2月の行事食「節分」!!

 

早いもので、歳が明けて一ヶ月が過ぎました。

例年にはない記録的な寒さにより豪雪被害の地域の皆様、お見舞い申し上げます。

暦の上では節分を迎え、当院では入院の患者様へ節分膳をお出ししました。

節分には恵方巻きを食べる習慣がいつの間にか定着しましたね。

定番の海苔で巻いたもの、海老フライ巻き、赤大根の油アゲ巻きと、味と彩りに工夫しました。また、デザートには、苺のロール巻きを作り巻物を意識してみました。

また、この寒い時期、根菜をたくさん入れた沢煮椀で温まっていただきました。

 

患者様が食べられた後の厨房へ戻ってきたお膳の上に、そっと置かれた箸入れに、こちらが温まるものを感じました。

まだまだ寒い日が続きます。みなさん、どうぞご自愛くださいませ。

 


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

TEL:0968-62-0622    FAX:00968-62-4459

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24



 

3月3日、ひな祭りの定番「ちらし寿司」!!

 

ひな祭りに食べる物と言ったら、ひなあられ!桜餅!菱餅!甘酒!白酒に、はまぐりのお吸い物!!

なかでも「ちらし寿司」は定番中の定番!!

ちらし寿司があると食卓が華やかになりますね。

「ちらし寿司」といえば、似ている料理に五目寿司やバラ寿司、海鮮丼もありますね。

諸説ありますが、「ちらし寿司」とは酢飯の上ににぎり寿司のネタや、野菜などを体裁よく並べたものを言うそうです。

つまり、白飯の上に海鮮類をのせたものは海鮮丼ですね。

一方五目寿司とは、酢飯の中に海の幸の魚介類・山の幸の野菜などを数多く混ぜ込んだものを言うそうです。地域によってはかやく寿司や混ぜ寿司、バラ寿司とも呼ばれています。

 

でも最近ではバラエティーに富み、細かく切ったレンコン、紅しょうが、海苔、かんぴょう、などをいったん酢飯に混ぜ込みさらにその上でホタテ、エビ、イカ、などの魚介類を豪華に散らして置くようなお店もあるようです。

 

さて表題の「ちらし寿司」の意味ですが、今回も西原クリニックの管理栄養士さんに聞いてみます。

Q1 ちらし寿司を食べるようになった由来とは?

A1 ちらし寿司を食べること自体に実はいわれはないそうです。

ですが、ひな祭りは女の子の成長を祝い、幸せを願う行事ですので、お祝いの席にふさわしい料理で囲むようになりました。

 

Q2 ひな祭りにちらし寿司っていつからですか?

A2 一説では、昔、備前(岡山県)で大洪水があった際、藩主池田光政公はいち早い復旧のために、「一汁一菜令」を出しました。

一汁一菜令は、汁物一品と副食一品以外を禁止するというもの。そこで、たくさんの魚や野菜を混ぜ込んだ寿司飯を「一菜」とする方法が編み出され、それから「ご飯に混ぜればおかずではない。」と、これが、ちらし寿司の始まりだとも言われています。庶民の知恵って素晴らしいですね。

見た目のかわいらしさと具の豪華さでひな祭りの定番となりました。

 

Q3 具材に込められた意味とは?

A3「海老」には《長寿》腰が曲がるまで丈夫にとの願い、赤には《魔除け》、脱皮を繰り返すことから《出世祈願》の意味も。

「レンコン」には、穴から先を見通せることより《先の見通しがきく》から。

「豆」には、《健康でマメに働く》ことより、仕事がうまく行くようにとの願いを込めて。

また「寿(ことぶき)」を「司(つかさど)る」ということで、「寿司」自体に「お祝いの席で食べる縁起のいいもの」との意味があるといわれています。

彩り美しい「ちらし寿司」は、華やかな女の子のお祝いにふさわしいものですね。

彩りがキレイで、ちらし寿司があれば、それだけで、お祝いの席が一気に華やかになりますね。

 

へぇ~美味しくて、華やかなだけではなく、親が子供の幸せを願う気持ちが、ぎっしりと、詰まっていますね!管理栄養士さん、今回もありがとうございました。

せっかくのひな祭りですから、そういう意味合いを知った上でちらし寿司を食べられるとまたいいですね!!


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

TEL:0968-62-0622    FAX:00968-62-4459

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24



癒される笑顔!!

いつも笑顔で答えて頂ける患者様です。

今日は入浴の日です。

最近は、廊下を1人で散歩されたり、リハビリテーションも積極的に頑張っておられます。

杖無しで自力歩行ができる方です。

3週間ほど前に、入浴後少し体調不良の訴えがありまして心配しましたが、すぐに回復され今日も無事に入浴ができ安心しました。

いつもニコニコ顔で接していただき、スタッフ一同その笑顔に癒されています!!

 


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

TEL:0968-62-0622    FAX:00968-62-4459

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24



インフルエンザが警戒レベルを超えてます!!

インフルエンザが猛威を振るっています。

厚生労働省の1/26発表によると、平成30年第3週(H 30.1.5~H30.1. 21まで)分のインフルエンザの発生状況は、(全国の医療機関をこの 1 週間に受診した患者数を推計すると)約283万人で、全国の保健所地域で警報レベルを超えている保健所地域は453箇所、注意報レベルを超えている保健所地域は 92 箇所(1都1道2府27県)となっています。熊本県は8番目に患者数が多く、今の調査方法となった1999年以降で過去最多だそうです。また今年は複数の型のウイルスが同時流行し、患者数が多くなっているもようです。

 

【インフルエンザ流行レベルマップ】

また、熊本県内ではインフルエンザの報告数が5,301件(定点あたり66.2 6)でした。

(警報レベル基準:1定点あたり30、警報レベル解除基準:1定点あたり10)

 

最強寒波も続いており、ぜひ予防に力を入れて頂きたいと思います!

さて、どんな対策が「最も効果アリ」なんでしょうか?

まずは「手洗いをする」です。手指にウイルスがついていた場合、特に鼻をさわることで上咽頭、鼻腔粘膜から感染することがわかっています。

次は「人ごみに行かない」です。感染の機会が多ければ多いほど感染する可能性が高いので、出歩かないのが一番だと思います。

 

次は、「睡眠・休養をとる」です。ウイルスに対抗するにはまずは体力です。免疫力が低い人から罹患するからです。

 

後は、「加湿をする」です。これは加湿しているとウイルスが活発にならないため有効といわれています。

 

他にも「水分補給を十分する」「マスクをする」といった事があります。

風邪(ウイルス感染)の一種ではありますが、発熱や痛みなどのつらい症状が現れるインフルエンザ、特に38度を超え、時に40度に達するような高熱や頭痛、関節痛、筋肉痛や胃腸症状を伴うこともあり、体力を奪われ、高齢者では命にかかわることもあります。ですからまずは「予防」をして頂くのが何より大切です。

 

ささいなことですが 、日々の予防を徹底して、今年の最強寒波を元気に乗り切りましょう!


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

TEL:0968-62-0622    FAX:00968-62-4459

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24



 

第3回デスカンファレンス開催!!

今年最初のデスカンファレンスを開催しました。

11名の参加者でした。

今回のテーマは、「高齢で認知症もあり、自らの鎮静・鎮痛の希望や意思の疎通が困難であった事例について、苦痛の緩和ができただろうか。振り返り、今後のケアにつなげる。」

でした。

 

事例紹介の後、苦痛の緩和について、看護を振り返り、よかったこと、難しかったことなどを伝え合いました。その後、ご家族からのお礼の手紙の紹介があり、遺族の気持ちを理解しました。

総評として、院長より「できただろうか?と悩んでいる、悩みつづけることが大事である。認知症があり、意志疎通は困難だとしても、人格を尊重し、最期まで敬意を払うことが大事である。また、常に緩和ケアのものさしである、身体的・精神的・社会的・スピリチュアルな苦痛について評価し、私たち医療者は個々の経験や技術を通して真摯に向き合っていくことが大事である。」と述べられました。

最後に師長より、「今回は事務職からの参加もあり、これからもみんなで伝えあうことを重ねていきましょう。」とまとめ会を終了しました。

今後も西原クリニックでは、緩和ケアの専門性を発揮し、患者様・御家族の意思を尊重し生きることを支えるケアの提供と切れ目ない緩和ケアを提供していきたいと思います。


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

TEL:0968-62-0622    FAX:00968-62-4459

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24



在宅ネットあらお市民公開講座!!

  

1月20日(土)15:00から、荒尾市医師会館会議室に於いて「国内外が注目!くまモン手帳をフル活用した荒尾型地域包括ケア」と題し、独立行政法人 労働者健康安心機構 労働安全衛生総合研究所 過労死等調査研究センター長の伊藤弘人先生をお迎えした、「在宅ネットあらお」主催の公開講座に参加しました。

関係者も含め91名の参加でした。

この公開講座の司会は医師会理事でもある西原クリニックの中村院長でした。

荒尾市では、地域医療の連携ツールとしてくまモン手帳を活用していますが、医師会では院長が中心となってこの取り組みを進めています。

荒尾医師会の藤瀬会長より開会の辞のあと、荒尾市の浅田市長より来賓挨拶があり、伊藤先生の基調講演です。

 

諸外国の事情や国内の認知症施策の動向を交えながら、くまモン手帳というツールを活用した荒尾市の地域包括ケアの取組についてお話しされ、荒尾市の取組には非常に期待をされていることがわかりました。

これからも深刻な状況は続きますが、「くまモン手帳」の共同利用によって「荒尾に住んでてよかった」と思えるような地域で支える体制づくりの一翼を担っていきたいと思いました。


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

TEL:0968-62-0622    FAX:00968-62-4459

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24



 

1月11日の「鏡開き」!!

1月11日(木)は「鏡開き日」にちなんで、西原クリニックでも「ぜんざい」を入院患者様にお出ししました。

 

鏡開きの日にちは地域によって違ったり、土日祝日の関係で異なることもありますが、基本的に毎年1月11日が鏡開きの日とされているそうです。

鏡開きとは、お正月に神様、仏様に供えていた鏡餅を下げ、それを食べるという日本の年中行事で、神様、仏様に供えた食べ物には力が備わると考えられ、神様や仏様に感謝しながらそれを食べることによって、無病息災を祈願しています。

 

「鏡」は円満を意味し、「開く」は開運を意味するそうです。

 

 

ちなみに、「おしるこ」と「ぜんざい」の違いは何でしょう?

どちらも小豆を砂糖で甘く煮て、餅や白玉を入れた物ですが、「関東」と「関西」で異なるそうです。

関東では、汁気がある物全般を「おしるこ」、汁気のない餅に餡(あん)を添えた物を「ぜんざい」と呼んでいます。

関西では、こしあんを使った汁気のある物を「おしるこ」、つぶあんを使った汁気の有る物を「ぜんざい」と呼んでいます。 ∩゙ヽ(。・ω・。)へぇ~

西原クリニックではつぶあんを使った「ぜんざい」です!!

 

 

患者様からは「ほぉ~。今日はぜんざいかね(笑)。おいしそうやねぇ~。」「ぜんざいが、おいしそうやけん、一番に食べたよ(^^)」「あったかくて、美味しかったよ。」との声を頂きました。

 

「ぜんざい」を食べて

「十分に養生され一日も早いご回復をお祈り申し上げます」

西原クリニックのスタッフは想っています。


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

TEL:0968-62-0622    FAX:00968-62-4459

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24



 

1月の行事食〈おせち料理〉!!

年明けましてあめでとうございます。

当院では、今年も恒例のおせち料理をお出ししました。

朝ごはんには、雑煮、黒豆、ごまめ、数の子。

お昼には、がめ煮、鶏の八幡巻きや縁起の良い伊達巻や昆布巻きなどを添えました。

この、おせちに入っている伊達巻は、切る前の形はぐるりと巻かれた巻物の様な形をしているところより、「文化、学問、教養」を持つことを願うという意味が込められているそうですよ。お節料理の意味を考えながら食べるのもまた楽しみですね。

  

今年も皆様にとって、良い年でありますように!(^^)!


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

TEL:0968-62-0622    FAX:00968-62-4459

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24



 

好評のプラセンタ・ビタミン注射のご紹介!!

日は、当院で行っているプラセンタ・ビタミン注射を紹介したいと思います。

患者さんからとても好評で、男女・年齢問わず、いろんな方が注射に来られています!

当院で注射を始めた2年半前から、現在も注射を継続されている方もいらっしゃるんですよ!

 

今日は、実際に注射をしている患者さんの声を紹介します!

 

・肩こりがひどかったが、注射を始めてすごく楽になりました。

・仕事を始めたばかりで疲れが溜まっていたが、疲れが軽くなりました。

・注射を始めてから、夜は熟睡できるようになり、朝の目覚めがすっきりします。

・荷物を運ぶ仕事をしているが、注射をすると元気が出て、疲労感が全然違います!

・色が白くなり、肌がきれいになりました。

・生理不順がなくなり、生理痛も軽くなりました。

 

患者さんによって、効果は様々ですが、注射を続けている患者さんからは、嬉しい声をよく聞きます(^-^)

価格は、なんとプラセンタ注射が続けて頂きやすい価格の1回 1,000円ビタミン注射・点滴1回 1,000円(税となっています。

 

気になる方は是非試されてみて下さい♪

 

こちらのプラセンタ注射のページ

こちらのビタミン注射・点滴のページ


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

TEL:0968-62-0622    FAX:00968-62-4459

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24