10月の行事食〈紅葉膳〉!!

   

も深まり木々の葉も赤や黄色に色づく頃になりました。

そんな景色をお膳に再現出来たらと、今月は紅葉膳を作りました。

材料には寒くなって美味しくなってきた根菜や、お芋を使い、白和えには、柿を入れています。

デザート二種はスイートポテトとリンゴの薄切りの甘煮をバラの花に見立てて巻いたアップルパイです。

炊き込みご飯の人参で作った紅葉や、薄焼き卵で作ったイチョウは、散りゆく紅葉に見えるでしょうか。

また、ご飯やデザートをあしらった器は、薄板で手作りしたもので、一層秋の景色を彩ってくれています。


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

TEL:0968-62-0622    FAX:00968-62-4459

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24



 

《行楽弁当》

んにちは。

最近は過ごしやすく、野や山に出かけるのにいい気候になりましたね。

10月の当クリニックの行事食は、ハイキングやピクニックに持って行きたくなるような行楽弁当が出来ました。

三種のおにぎりには、キノコの型に抜いた芋や人参を置いてアクセントにしてみました。コロッケはカボチャを用いホクホクです。豚の黒酢煮も柔らかく、魚の香味焼き、ダシ巻き卵も欠かせない一品です。また、デザートの栗の渋皮煮も手作りです。

「どれから食べようか~。」

「これ持って、どっか行かなんねぇ(どこかに行きたいね)。」

と患者さんより聞かれました。

皆さんも、どこか近くの山や、公園にでも手作りお弁当を持って出かけられませんか !(^^)!

  


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

TEL:0968-62-0622    FAX:00968-62-4459

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24



 

9月の行事食〈お彼岸膳〉!!

    

年9月23日頃を秋分の日と言い「祖先を敬い、亡くなった人をしのぶ日」として1948年に法律で制定されたそうです。
今月はその23日に「お彼岸膳」をお出ししました。
メニューは
・五目ちらし
・しらたきと豚肉炒め煮
・レタスとツナのサラダ
・すまし汁
・二色おはぎ
でした。

五目ちらしは、なぜかほっとする日本の行事食ですね。
皆さん大好きです。
酢飯にいろんな具を混ぜ、錦糸卵ときざみ海苔をちらして出来上がり。どうぞ

おはぎももちろん手作りです。「ぼたもち」「おはぎ」の違いは以前ブログに書きましたね。

古くからある身近な食材「小豆」には、美味しいだけじゃなく優秀な効能がいっぱいあります。
和スイーツはなかなか手作りしない人が多いようですが、小豆の炊き方を覚えると、ぜんざいやあんみつなど手軽に作れますので、ぜひこの機会に挑戦してみてください。

朝夕の寒暖の差が激しい時期柄、どうぞご自愛くださいませ。


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

TEL:0968-62-0622    FAX:00968-62-4459

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24