インフルエンザが警戒レベルを超えてます!!

インフルエンザが猛威を振るっています。

厚生労働省の1/26発表によると、平成30年第3週(H 30.1.5~H30.1. 21まで)分のインフルエンザの発生状況は、(全国の医療機関をこの 1 週間に受診した患者数を推計すると)約283万人で、全国の保健所地域で警報レベルを超えている保健所地域は453箇所、注意報レベルを超えている保健所地域は 92 箇所(1都1道2府27県)となっています。熊本県は8番目に患者数が多く、今の調査方法となった1999年以降で過去最多だそうです。また今年は複数の型のウイルスが同時流行し、患者数が多くなっているもようです。

 

【インフルエンザ流行レベルマップ】

また、熊本県内ではインフルエンザの報告数が5,301件(定点あたり66.2 6)でした。

(警報レベル基準:1定点あたり30、警報レベル解除基準:1定点あたり10)

 

最強寒波も続いており、ぜひ予防に力を入れて頂きたいと思います!

さて、どんな対策が「最も効果アリ」なんでしょうか?

まずは「手洗いをする」です。手指にウイルスがついていた場合、特に鼻をさわることで上咽頭、鼻腔粘膜から感染することがわかっています。

次は「人ごみに行かない」です。感染の機会が多ければ多いほど感染する可能性が高いので、出歩かないのが一番だと思います。

 

次は、「睡眠・休養をとる」です。ウイルスに対抗するにはまずは体力です。免疫力が低い人から罹患するからです。

 

後は、「加湿をする」です。これは加湿しているとウイルスが活発にならないため有効といわれています。

 

他にも「水分補給を十分する」「マスクをする」といった事があります。

風邪(ウイルス感染)の一種ではありますが、発熱や痛みなどのつらい症状が現れるインフルエンザ、特に38度を超え、時に40度に達するような高熱や頭痛、関節痛、筋肉痛や胃腸症状を伴うこともあり、体力を奪われ、高齢者では命にかかわることもあります。ですからまずは「予防」をして頂くのが何より大切です。

 

ささいなことですが 、日々の予防を徹底して、今年の最強寒波を元気に乗り切りましょう!


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

TEL:0968-62-0622    FAX:00968-62-4459

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24



 

在宅ネットあらお市民公開講座!!

  

1月20日(土)15:00から、荒尾市医師会館会議室に於いて「国内外が注目!くまモン手帳をフル活用した荒尾型地域包括ケア」と題し、独立行政法人 労働者健康安心機構 労働安全衛生総合研究所 過労死等調査研究センター長の伊藤弘人先生をお迎えした、「在宅ネットあらお」主催の公開講座に参加しました。

関係者も含め91名の参加でした。

この公開講座の司会は医師会理事でもある西原クリニックの中村院長でした。

荒尾市では、地域医療の連携ツールとしてくまモン手帳を活用していますが、医師会では院長が中心となってこの取り組みを進めています。

荒尾医師会の藤瀬会長より開会の辞のあと、荒尾市の浅田市長より来賓挨拶があり、伊藤先生の基調講演です。

 

諸外国の事情や国内の認知症施策の動向を交えながら、くまモン手帳というツールを活用した荒尾市の地域包括ケアの取組についてお話しされ、荒尾市の取組には非常に期待をされていることがわかりました。

これからも深刻な状況は続きますが、「くまモン手帳」の共同利用によって「荒尾に住んでてよかった」と思えるような地域で支える体制づくりの一翼を担っていきたいと思いました。


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

TEL:0968-62-0622    FAX:00968-62-4459

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24



 

平成30年1月 「明けましておめでとうございます」!!

西原クリニック、そして西原クリニックのホームページをご利用くださっている皆様、あけましておめでとうございます。

昨年は皆様の多大なご協力をいだだきまして、誠にありがとうございました。

賜りましたご支援に対し厚くお礼申し上げます。

本年も職員一同、皆様にご満足いただける医療を心がける所存でございます。

引き続き、ご指導・ご鞭撻を頂戴できれば幸いです。

2018年が皆様にとりまして輝かしく幸多き一年になりますことを心よりお祈り申し上げます。

それでは、今年も1年間西原クリニックのホームページをよろしくお願いいたしますm(__)m

平成30年1月


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

TEL:0968-62-0622    FAX:00968-62-4459

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24



 

本年も大変お世話になりました。また来年もよろしくお願い致します!!

のブログをご覧頂いている皆様、本年も大変お世話になりました。

また来年もよろしくお願い致します。

 

当院では今年の診療は本日【12月29日(金)】で終了です。

 

荒尾市でもインフルエンザが流行っているようです。

外出されるときはマスクを、また帰宅時は手洗いうがいをお願いします。

 

来年1月2日(火)は休日当番医です。

診察時間は午前9時~午後5時(正午~午後1時を除く)です。

 

通常診療は4日(木)からスタートです。

 

それでは、よいお年をお迎え下さい。


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

TEL:0968-62-0622    FAX:00968-62-4459

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24



 

法人全体会議&研修会開催!!

 

年2回目となる法人全体会議が、隣の複合介護施設風の杜で開催されました。
まずは各部署のリーダーより1年を振り返っての実績や反省点の発表がありました。
〈若い世代の患者様へのアピール〉〈緩和ケアの理解と実践を深めたケアカンファレンス、デスカンファレンスの継続〉〈終末期の患者様へ、より細かく寄り添った食事の提供〉など取り組んできました。
次に理事長で有られる院長先生より、今年度の総括が行われました。

 

①人間性②専門性③地域性④経営性の充実をはかり、質の高い医療の提供を目指しており、着実に成果をあげています。とのことでした。

 

研修会では、教育マネージャーの石井南美穂先生より「専門職として問い続けたいこと-Ⅱ」専門職として接遇の重要性を認識する。人間関係の中で「相手(対象)の気持ちを大切にする」ことについて考える。と題して自らの体験を通してのお話がありました。
「相手の気持ちはなかなか解らないという前提に立って、相手に教えて下さいという努力」

いつもとは違った研修で、さらに一人ひとりの心に深く染み渡りました。


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

TEL:0968-62-0622    FAX:00968-62-4459

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24



 

メリークリスマス🎄

ングルベルジングルベル鈴が鳴る♪

12月も半ばに入ると、街はクリスマス一色になり、あちらこちらでイルミネーションが光り輝いてますね!!  ((o(^-^)o))ワクワク

今年もお隣の複合介護施設風の杜で、なかよしの森保育園の園児さんよりクリスマスツリーの飾りつけがありました!!

綺麗に飾られた1本のツリーが西原クリニックのロビーに設置してあります。

    

突然ですがここでクイズです!!

第1問 日本での初めてのクリスマスはいつでしょうか?

答えは、1552年に現在の山口県山口市で降誕祭のミサが行われたのが、日本で初めてのクリスマスと言われています。

 

第2問 日本でクリスマスが定着したのはいつでしょうか?

古い記録では戦国時代の1552年からとされています。本格的に日本でクリスマスが広まるきっかけとなったのは、明治期(明治33年)にクリスマス商戦が始まってからのようです。1950年代にはツリーを飾ったり、クリスマスケーキを食べたりと、現在のクリスマスの風景と変わらないようになりました。しかし、これほど盛んになったのは、1960年代高度成長期。サラリーマンがキャバレーなどでクリスマスにかこつけてホステスたちと大騒ぎしてしたのに、不景気になり代わりに家でお祝いし始めたからという俗説があります。

 

第3問 サンタクロースが世界中を回るためのそりを運んでいるのがトナカイですが、実はこのトナカイさん、全部で10匹いる。本当かウソかどっちでしょう?

答えはウソで10匹ではなく、9匹いるそうです。9匹それぞれに名前もあるんだとか。

 

最後の問題です。「クリスマスにチキンを食べる」という習慣は日本のケンタッキーがスタートさせた文化でしたが、「クリスマスにケーキを食べる」という習慣を始めたのはペコちゃんでおなじみの日本の「不二家」である。本当かウソかどっちでしょう?

答えは本当で、今から90年以上も昔の大正11年、すなわち1922年に「クリスマスケーキ」として発売しているんです!!

 

いかがでしたか?クリスマスは日本では日本という国の文化に合わせ、日本人が喜んですごせるような行事に生まれ変わっており、まさに日本だけのクリスマスとなっているんですね。これは素晴らしいことですし、実際日本のクリスマスは、毎年本当にたくさんの人をを幸せにしてくれています。

皆さんに幸あれ!!


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

TEL:0968-62-0622    FAX:00968-62-4459

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24



 

サボテンの花!!

患者様より「サボテンの花」を頂きました。

 

♪ほんの小さな出来事に~♬財津和夫さんの歌にも出てきますね。( ^0^)θ~♪

でも、サボテンの中には花をつけない種類もあるそうです。

しかも1日しか咲かない、めったに見れない貴重な花ですよ!!

サボテンというと「トゲトゲした丸い形の植物」というイメージを持っている人も多いかもしれません。でもサボテンは、実はとてもきれいな花を咲かせる植物なんですね。トゲトゲしい球体と美しい花のギャップは、とてもおもしろいですよね。

でも、このように花をきれいに咲かせるには、育て方にちょっとしたコツがいるそうです。

詳しくはまたの機会に。(;^_^A

 

花言葉の代表は「枯れない愛」だそうです。

愛が枯れることなくずっと続くようにという願いを託して眺めると、また違って見えます。

 

このかわいらしい花は1階受付カウンターに飾ってます!!

貴重できれいな花、ありがとうございました。


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

TEL:0968-62-0622    FAX:00968-62-4459

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24