今月の行事食は紅葉膳

 icon-cutlery 紅葉膳のメニューは?

・きのこご飯

・焼き魚

・柿の白和え

・れんこんのはさみ揚げ

・きのこサラダ

・手作りゴマ豆腐

・味噌汁

・さつま芋の黄身しぐれ

 

今月は紅葉膳を入院患者さんへお出ししました。
紅葉膳という名前の通り料理の各所に秋を感じられることが出きました。

ご飯の上の薄焼き卵で模ったイチョウの葉、人参で作ったもみじ、ゴボウで切り込んだキノコ。

さつま芋の黄身しぐれの上に飾った“練り切り”で作った紅葉の葉は、試作ではなかなか形づくりがうまくいかず不安でしたが、本番ではきれいな紅葉の形に出来上がり、思わず形を抜いた瞬間スタッフからは「やったぁーー!!」との声が上がりました。

また、手作りゴマ豆腐は、試作の段階では練りすぎて水分が飛んでしまい、硬くなってしまいました。そのあともう一度試作し厨房スタッフからのオッケーで本番へ臨みプルプルでの風味豊かなゴマ豆腐が出来上がりました。

患者さんのもとへ配膳すると、わっぱ風の手作りの容器のその可愛さにビックリされ、また料理のきれいさを喜んでもらえました。

何度か試作を繰り返したりとしましたが、患者さんの笑顔が見られ良かったと思いました。

     

 


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号
TEL:0968-62-0622



 

今月の行事食は行楽膳!!

 icon-cutlery 行楽膳のメニューは?

・三色細巻き

・牛肉野菜巻き煮

・さつま芋のジャーマンポテト

・揚げ茄子のお浸し

・だし巻き卵

・人参ソースサラダ

・ブロコリーのおかか和え

・きんぴらレンコン

・すまし汁

・いちじくタルト

 

今月の初旬まで台風接近の不安なニュースもありましたが、

ここ最近は、晴れの日が続き行楽の秋となりました。

今月は行楽にでも参考にしていただけそうな料理です。

曲げわっぱ風の手作りの器に詰めた細巻きは栗やお漬物などの、

カラフルなものにしました。

さつま芋で作ったジャーマンポテト、からっと揚がった茄子の揚げ浸しは

ダシが絶妙に絡み合っています。

また、いちじくタルトは、しっとりとしており食べやすく仕上がっています。

この秋晴れのもと、どこか行楽に出かけられてみませんか。

 


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号
TEL:0968-62-0622



 

今月の行事食は秋のお彼岸膳!!

 icon-cutlery 秋のお彼岸膳のメニューは?

・ちらし寿司

・豚肉と茄子の冷しゃぶ

・小松菜の煮付け

・レタスとツナのサラダ

・すまし汁

・二色おはぎ

 

 

今月の行事食は『秋のお彼岸膳』でした。

お彼岸と言えば、なんと言っても“おはぎ”ですね。

当院ではあんこから手作りで、とても上品な甘さに仕上がっていました。

また、そのおはぎを入れたかわいい器は、なんと厨房スタッフの手作りで、

患者さんのもとへ配膳すると、皆さんに喜んでもらえました。

また、豚肉と茄子の冷しゃぶは、試作の際、肉の部位や厚みの選択、

茄子の鮮やかな彩りを出すための工夫など細かく話し合いました。

 

お彼岸が過ぎると一気に寒さが増してきます。季節の変わり目で、皆さんもお身体に気を付けられて下さい。


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号
TEL:0968-62-0622



 

今月の行事食は暑中見舞い膳!!

 icon-cutlery 暑中見舞い膳のメニューは?

・パエリヤ

・さっぱり酢豚

・冬瓜の含め煮

・胡瓜の洋風浅漬け

・コーン茶碗蒸し

・トマトのジュレ

 

今回、調理スタッフの私は初めての行事食のリーダーとなり、緊張して当日を迎えました。

でも、予定よりも段取りがよくスムーズに進めることが出来ました。これは、予め打ち合わせや試作をしていたためで、改めて試作・打ち合わせの大事さに気づきました。

患者さんへお持ちすると、

「うわっ!!」「豪華ね~!!」

と言って頂き、嬉しさと達成感を得ることが出来ました。 😛

また、自分が提案し調理した“コーン茶碗蒸し”は旬の食材のトウモロコシをとても美味しく食べられる料理で見た目もきれいで、珍しくもあり自信作となりました。

今回の経験を日頃の給食調理に活かし、味、盛り付け共にもっと上達するように頑張っていきたいと思います。

      

まだまだ、厳しい暑さが続きます。栄養と充分な睡眠をとられて、この夏を乗り切りましょう!


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号
TEL:0968-62-0622



 

今月の行事食は七夕膳!!

西日本では豪雨となり、甚大な被害となりました。被害に合われた方には心よりお見舞い申し上げます。

当院では七夕に一日早い六日に七夕膳をお出ししました。

 icon-cutlery 七夕膳のメニューは?

・笹寿司

・茄子のみなと揚げ

イワシの紫蘇ロール

・夏野菜のゼリー寄せ

・豆乳そうめん

・すまし汁

・レアチーズ風ケーキ

 

七夕につきものの笹を飾りに寿司ご飯の上には胡瓜で模った笹、カボチャを使ってスイカをイメージしたものや、切り抜いた茄子で夏の風情を表現しました。

また、織姫様が織る布の元となる糸を表す素麺を豆乳を加えた出汁で召し上がっていただきました。それに、ズッキーニ、オクラなど、夏野菜をふんだんにいれたゼリーで一層涼しさを表現してみました。

  

 

これから、暑い夏が始まります。

皆さん、くれぐれもご自愛ください。


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号
TEL:0968-62-0622



 

6月の行事食「紫陽花膳」!!

梅雨に入りうっとおしい天気が続いていますが、そんな中できれいな紫陽花を見かけると、つい足を止めて眺めています。

さて、当クリニックでは、6月の行事食に『紫陽花膳』をお出ししました。紫陽花をイメージして作ったお菓子は寒天がキラキラと輝き、雨に濡れた紫陽花のようです。

また、丸く握ったおにぎりは、色とりどり具材で元気に咲いた紫陽花のように見えます。その他、オクラやシソなどの季節の野菜も使い季節を感じていただきました。

そうそう、おにぎりと和菓子の下のマットや、小さな傘は厨房スタッフの心のこもった手作りの品で、患者さんにも喜んでいただきました。

  


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号
TEL:0968-62-0622



 

5月の行事食「皐月膳」!!

皆さんの地域では、どのような春を過ごされていますか? 寒い日が続いたかと思うと、最高気温が夏日になったりと、体調を崩しそうな気温差がありますね。

当院では、梅雨を迎える前の新緑が生えるこの季節に、皐月膳をお出ししました。

 今月の行事食の内容は?

旬の甘夏や空豆が入った、さっぱりしたサラダに新じゃが、抹茶を使った料理なども美味しく出来ましたよ。

中華おこわは工程が大変なイメージがあるかもしれませんが、家庭でも簡単にできますよ。是非作られてみてはどうですか。

  

 


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号
TEL:0968-62-0622



 

4月の行事食「お花見膳」!!

今年は桜の開花は例年より早く、天気の良い日が続き、当院がある熊本県は行事食当日は、葉桜になっていました。

今月の行事食の内容は?

今回の行事食は『お花見膳』でしたので、お膳には桜の花が満開です。

三種のおにぎりの中のひとつの具は、ほんのり桜色した鮭フレークを挟み、のりや、かまぼこで花びらを散らしました。

こごみとささ身のフリッターは衣に桜の塩漬けを混ぜ込み、またケーキには桜の花のパウダーを混ぜ桜色に焼き上げました。羊羹も桜を型どり、桜づくしとなりました。

患者さんからは、

「春らしいね!」

「また花見が出来るよ!」

などの声が聞こえてきました。

 

今年最後のお花見を当院でしていただけたようで、嬉しい気持ちになりました。

 


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号
TEL:0968-62-0622



 

3月の行事食「ひな祭り膳」!!

女の子の健やかな成長と幸せを願うひな祭りに、当院では、ひな祭り膳を入院患者さんへお出ししました。

 

ある患者さんは、このひな祭り膳を食べられた後に、独身のスタッフへ、

「ひな祭りの由来を知ってる?」

と聞かれ、

「知りません。」

とスタッフが答えたのでひな祭りの由来を話されたとのこと。

病気でふさぎ込んでた患者さんも、紙で作ったお雛様の前に雛あられを置いて、それを見ながら穏やかで明るい表情で話されました。

 

患者さんの表情をそうさせることの出来るような食事を今後も提供することに努めようと思います。


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号
TEL:0968-62-0622



 

 

2月の行事食「節分」!!

  

早いもので、歳が明けて一ヶ月が過ぎました。

例年にはない記録的な寒さにより豪雪被害の地域の皆様、お見舞い申し上げます。

暦の上では節分を迎え、当院では入院の患者様へ節分膳をお出ししました。

節分には恵方巻きを食べる習慣がいつの間にか定着しましたね。

定番の海苔で巻いたもの、海老フライ巻き、赤大根の油アゲ巻きと、味と彩りに工夫しました。また、デザートには、苺のロール巻きを作り巻物を意識してみました。

また、この寒い時期、根菜をたくさん入れた沢煮椀で温まっていただきました。

 

患者様が食べられた後の厨房へ戻ってきたお膳の上に、そっと置かれた箸入れに、こちらが温まるものを感じました。

まだまだ寒い日が続きます。みなさん、どうぞご自愛くださいませ。


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号
TEL:0968-62-0622