10月10日は「転倒予防の日」!!

10月10日は1年で記念日が1番多い日です!!

「日本記念日協会」に登録されているだけで、平成29年9月30日現在で45個もあります。w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!

なんで多いのかは、それはまた次回の講釈で。(西遊記の芥川隆行さん風)

主な記念日名に・トマトの日・Windows10の日・てんとう虫の日・トートバッグの日と、なんとなく記念日にした理由の分かるものから、亀田柿の種の日や貯金箱の日などちょっとひねった設定まで様々です。

 

その中でも西原クリニック外来看護師のおすすめは「転倒予防の日」です。

これは、テン・トウにちなんで、10月10日を「転倒予防の日」として日本転倒予防学会が、2005年より高齢者に限らず広い意味で転倒予防を考える日にするために日本記念日協会に登録しています。

転倒による不慮の事故は、窒息に続き第 2 位であり交通事故を上回っています。

人間は加齢とともに、筋力の低下や、歩行障害、視力の衰えなどさまざま要因が重なり、バランスを保ちにくくなっていきます。転倒が原因で起こりやすい大腿骨の骨折は、歩けるようになるまでに時間がかかるため、そのまま寝たきりになることも少なくありません。

また、骨折やけががなかったとしても、転倒により自信を失ったり、自力で動くことに対して恐怖心を持ったりすると、体を動かさなくなり、筋力が次第に衰え始めて、身体機能の低下を招くこともあります。

 

予防ためにも、すべりやすい廊下や浴室に手すりを設置したり、床の段差をなくしたりするなどの転倒しにくい環境を整え、日頃からウォーキングや散歩をしたり、ストレッチで柔軟性を高めたりしておくなど、筋力とバランス感覚を鍛えておくのも大切です。

 

あなたもこの機会に転倒予防について考えられては?


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

TEL:0968-62-0622    FAX:00968-62-4459

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24



 

第24回有明緩和ケア研究会!!

第24回有明緩和ケア研究会で、西原クリニック院長と看護師長が発表しました。

 

有明緩和ケア研究会とは有明緩和ケア研究会と塩野義製薬株式会社の共催の定期研究会で年3回開催されています。

参加者は全員で60名ほどでした。

 

今回の演題は『有床診療所における緩和医療~地域包括ケアシステムを見据えて~』です。

まず当院の中村院長より荒尾市の現状と、地域包括ケアシステムへの取り組みや、有床診療所の重要性の発表、次に高森師長による当院の概要や緩和ケアの取り組みの発表、最後のまとめとして、院長のあらおブランドとしての地域包括ケアの確立の話で締めくくりました。

 

有床診療所は、病院や無床診療所とは異なる位置づけで地域住民のニーズに細かく対応し、さらには大きな病院にかわる入院施設として地域住民への医療提供において大きな役割を果たしています。

 

今後もあらおブランドとして関係機関の密接な連携をおこなうことで、がん患者へ寄り添う最善の医療を提供することができると院長・看護師長はじめ西原クリニックのスタッフは考えます。

 


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

TEL:0968-62-0622    FAX:00968-62-4459

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24