11月1日は紅茶の日!!

ーヒーの日は1ヶ月前の10月1日でしたね。国際協定によって、コーヒーの新年度が始まるのが10月で、この日がコーヒーの年度始めとなり、1983年に、全日本コーヒー協会によって、10月1日が「コーヒーの日」と定められました。

そのコーヒーと人気を取り合うのが本日取り上げる「紅茶」です。

そもそも「紅茶の日」とは、江戸時代ロシアに漂流した船頭の大黒屋光太夫が、1791年11月1日の帰国の際(今から226年も前)、女帝エカテリーナ2世から紅茶を贈られました。それにちなんで日本紅茶協会が1983(昭和58)年に制定したそうです。

紅茶といえばいろんな種類がありますよね。代表的なものにダージリンやアールグレイ・セイロン、ミルクティーに合うアッサムなんかもありますね。ちょっと調べてみたらびっくりするほどほどありますね。とてもこのブログじゃ書ききれないほど。

皆さんに愛飲されてる紅茶。一説によると紀元前2,000年以前からお茶は飲まれていたといわれていますが、当時は嗜好品としてではなく、不老不死の薬として飲まれていたようです。現在の紅茶の原型といえる発酵茶が登場したのは、10~13世紀ごろだそうです。

では、効能はどうか?ここからは西原クリニックの管理栄養士さんにお伺いします。

Q1 紅茶を飲むと体にどんないい影響がありますか?

A1

  • カテキン
    ポリフェノールの一種。殺菌作用、血糖値やLDLコレステロール値の低下などに効果があるほか、脂肪を燃焼させる働きもあるため、ダイエットに効果があるといわれています。
  • テアニン(アミノ酸)
    抗酸化作用があり、美容や健康によいとされる。効能は豊富で、殺菌作用、リラックス効果、コレステロール値の低下、動脈硬化の予防など。
  • カフェイン
    リラックス効果や覚せい効果などがあり、健康や気分転換に適した成分。脂肪燃焼にも効果があると言われており、ダイエットを考えている方にもおすすめの成分です。
  • フッ素
    歯のエナメル質を強化してくれる成分。虫歯予防に効果的。
  • ミネラル
    体を健やかに保つために欠かせない成分。ミネラルが不足することで、慢性疲労や便秘、肌荒れ・くすみ、貧血、偏頭痛、イライラ、食欲不振などの症状が起こります。ミネラル成分を適度に摂取することで、心身の不調に対する予防・改善に効果があります。

 

Q2 日本茶もウーロン茶も紅茶も、もとは同じ茶葉だそうですね。

A2 そうなんです、同じ茶葉で製造工程による発酵度のちがいで香りも味も変わり、不思議ですね。

  下の図がその製法です。

(引用 カレルチャペック紅茶BLOGより)

Q3 紅茶というと私は飲むばっかりですが、料理にも使えます?

A3 はい、料理には煮豚を作るときに紅茶を加えるとか、お菓子では、クッキー、プリン、ゼリー、シフォンケーキ、などに使うとおいしいですよ。

 

Q4 紅茶は美容にもいいと聞いたんですが?

A4 美容や健康に欠かせないビタミンが含まれています。必須栄養素のひとつで肌荒れや疲労回復に効果があり、生活習慣病の予防にも重要な働きがあるとされています。

 

今回も管理栄養士さんありがとうございました。

皆さんもこの機会に紅茶で健康と美容を、さらにUPしてください!!


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

TEL:0968-62-0622    FAX:00968-62-4459

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24



 

リハビリ室便りNo.2!!

回(9月29日)に続いて、ここリハビリ室よりお伝えします。

今回は特に人気のある機器、ウォーターベッド型マッサージ器「アクアラックス」のご紹介です。

<アクアラックス>は、「水圧刺激」という新しい発想から生まれた、ウォーターベットタイプの全身治療システムです。

柔らかく、それでいて力強く、しかも心地よい、「水」ならではの独特の刺激と浮遊感、そして温かな開放感。血行促進などの一般的なマッサージ効果に加え、まるで雄大な自然に抱かれているような、あるいは静かな波の揺らぎに身を任せているような、上質のリラクゼーション効果が期待できます。(セルコムHPより)

 

この他の効用として、個人差はありますがストレスを解消するそうです。現在はストレス社会。ストレスの原因はさまざまですが、自分なりのストレス解消法を見つけることが求められます。そんな時当院のウォーターベッド型マッサージ器「アクアラックス」を検討されてみてはいかがですか?(*´θ`*)

 

西原クリニックのリハビリ室ではこのような理学療法機器で、患者さんに対する満足感、信頼感を向上させよう頑張っています!!

あっ患者さんだ!!また次回他の機器も紹介しますね。


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

TEL:0968-62-0622    FAX:00968-62-4459

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24



 

第2回のデスカンファレンスを開催しました!!

  

加者は、院長・師長・病棟看護師4名・ケアアシスタント2名・事務2名でした。

今回のテーマは、「どうにかしてあげたいけど、どうにもできない無力感の共有」について話し合いました。

私たちは、死を目前にした患者様やご家族を前にして、苦悩をどうにかしてあげたいけど、どうにもできない無力な自分を感じる場面があります。

みんなで、どんなときにそれを感じたのか、そのときの辛い気持ちを語り合いました。そして、何もできないけど、苦悩を理解することでそばに寄り添うことができる。語りあえる仲間がいることを再確認しました。

 

院長先生より、医療者としてなす術がなくなっても、一人の人間としてそばに寄り添い家族と一緒に同じ時間をすごすことができると思ってほしいし、今のスタッフはできる、共有できる仲間がいる、このことはとても大事なことです。と述べられました。

  

最後に師長より、私たちが出会う死は、自分の大切な方の死であるように、どうにかしてあげたいという感情は看護の原点である、この気持ちを大事にしたい。そして、自分の感情を語り伝えあうことで、自分を客観的にみていくことを今後も重ねていきましょう、とまとめ会を終了しました。

今後も真摯に向き合っていきたいと立ち止まり確認しあった貴重な時間でした。


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

TEL:0968-62-0622    FAX:00968-62-4459

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24



 

10月10日は「転倒予防の日」!!

10月10日は1年で記念日が1番多い日です!!

「日本記念日協会」に登録されているだけで、平成29年9月30日現在で45個もあります。w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!

なんで多いのかは、それはまた次回の講釈で。(西遊記の芥川隆行さん風)

主な記念日名に・トマトの日・Windows10の日・てんとう虫の日・トートバッグの日と、なんとなく記念日にした理由の分かるものから、亀田柿の種の日や貯金箱の日などちょっとひねった設定まで様々です。

 

その中でも西原クリニック外来看護師のおすすめは「転倒予防の日」です。

これは、テン・トウにちなんで、10月10日を「転倒予防の日」として日本転倒予防学会が、2005年より高齢者に限らず広い意味で転倒予防を考える日にするために日本記念日協会に登録しています。

転倒による不慮の事故は、窒息に続き第 2 位であり交通事故を上回っています。

人間は加齢とともに、筋力の低下や、歩行障害、視力の衰えなどさまざま要因が重なり、バランスを保ちにくくなっていきます。転倒が原因で起こりやすい大腿骨の骨折は、歩けるようになるまでに時間がかかるため、そのまま寝たきりになることも少なくありません。

また、骨折やけががなかったとしても、転倒により自信を失ったり、自力で動くことに対して恐怖心を持ったりすると、体を動かさなくなり、筋力が次第に衰え始めて、身体機能の低下を招くこともあります。

 

予防ためにも、すべりやすい廊下や浴室に手すりを設置したり、床の段差をなくしたりするなどの転倒しにくい環境を整え、日頃からウォーキングや散歩をしたり、ストレッチで柔軟性を高めたりしておくなど、筋力とバランス感覚を鍛えておくのも大切です。

 

あなたもこの機会に転倒予防について考えられては?


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

TEL:0968-62-0622    FAX:00968-62-4459

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24



 

第24回有明緩和ケア研究会!!

24回有明緩和ケア研究会で、西原クリニック院長と看護師長が発表しました。

 

有明緩和ケア研究会とは有明緩和ケア研究会と塩野義製薬株式会社の共催の定期研究会で年3回開催されています。

参加者は全員で60名ほどでした。

 

今回の演題は『有床診療所における緩和医療~地域包括ケアシステムを見据えて~』です。

まず当院の中村院長より荒尾市の現状と、地域包括ケアシステムへの取り組みや、有床診療所の重要性の発表、次に高森師長による当院の概要や緩和ケアの取り組みの発表、最後のまとめとして、院長のあらおブランドとしての地域包括ケアの確立の話で締めくくりました。

 

有床診療所は、病院や無床診療所とは異なる位置づけで地域住民のニーズに細かく対応し、さらには大きな病院にかわる入院施設として地域住民への医療提供において大きな役割を果たしています。

 

今後もあらおブランドとして関係機関の密接な連携をおこなうことで、がん患者へ寄り添う最善の医療を提供することができると院長・看護師長はじめ西原クリニックのスタッフは考えます。

 


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

TEL:0968-62-0622    FAX:00968-62-4459

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24