GWはどう過ごします?

 

早いものでもうすぐGW(ゴールデンウイーク)の時期ですね。

皆さん、今年のゴールデンウィークはどんな計画を立てていますか?

今年は

4月28日(土) 土曜休みの方はお休みですね。お仕事の方はお疲れ様です。

4月29日(日 祝) 昭和の日

4月30日(月) 振替休日

5月1日(火)

5月2日(水)

5月3日(木 祝) 憲法記念日

5月4日(金 祝) みどりの日

5月5日(土 祝) 子どもの日

5月6日(日) この日がGWの最終日と考えるのが普通でしょうか。

長い方は、9日間休みですね。

今年のGWは「4月28日(土)~4月30日(月)」の3日間と「5月3日(木 祝)~5月6日(日)」の4日間の合計7日間です。

 

尚、当クリニックは4月28日(土 午前中)、5月1日(火)~2日(水)は診療を行っています。

 

ところで知ってました?

4月29日(日 祝)は、もともと昭和天皇の誕生日で、昭和の時代にはこの日が「天皇誕生日」でした。昭和天皇が崩御された後、1989(平成元)年より29日は「みどりの日」になりました。さらに2007(平成19)年に、「昭和の日」に改名されたそうです。

 

お出かけ数

 

さてお出かけですが、大手旅行代理店の予想では国内旅行に行かれる方は、1年間で3億1,120万人と去年よりも1.8%のプラスだそうです。

一方海外旅行に行かれる方は1,820万人で、昨年の1.7%のプラスだそうです。

あまりピンときませんね。

 

人混み、渋滞・・・それでも

  

GWのお出かけはどこに行っても人混みだらけだし、渋滞は永遠につづく道のよう。

思い切ってこの期間に体を休めようと思っても、子どもらの事を考えると・・・。

大人ってつらいですね。

 

だらだらと書きましたが、お出かけする方もしない方も、自分自身や家族にとって最高の思い出となる過ごし方を見つけてくださいね。

 


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号
TEL:0968-62-0622



 

特定検診のご案内!!

今年も5月1日より特定検診が実施されます。

現在、糖尿病をはじめとする生活習慣病にかかる人やその予備群が増加しており、生活習慣病を原因とする死亡は全体の約3分の1を占めています。そのため、平成20年度からメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した特定健診・特定保健指導 が始まりました。「どこも悪くない」「元気だ」と思っていても、体の中のことは分かりません。自覚症状はなくても病気は知らない間に進んでいることがあります。1年に1回は特定健診を受けて、ご自分の健康をチェックしてみましょう。

 

特定健康診査・特定保健指導とは?

日本人の死亡原因の約6割を占める生活習慣病の予防のために、平成20年4月から医療保険に加入されている40~74歳を対象に、メタボリックシンドロームに着目し病気を予防することを目的とした 特定健診・特定保健指導がスタートしました。

特定健診の検査結果に基づきメタボリックシンドロームのリスクに応じた保健指導が行われます。

 

メタボリックシンドロームとは?

肥満症や高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病は、それぞれが独立した別の病気ではなく、肥満、特に内臓に脂肪が蓄積した肥満が原因であることがわかってきました。

このように、内臓脂肪型肥満によって、さまざまな病気が引き起こされやすくなった状態を「メタボリックシンドローム」といい、予防・治療の対象として考えられるようになってきました。

 

 

検査項目は?

メタボリックシンドロームを解消することで生活習慣病は効果的に予防することができます。

基本的な健診(必ず受けていただく検査)

〇質問票 (問診 … 服薬歴・喫煙歴など)

〇身体測定 (身長・体重・BMI・腹囲)

〇診察

〇理学的所見 (視診・触診・聴診)

〇血圧測定 検尿 (尿タンパク/尿糖)

〇血液検査・血清脂質検査 (中性脂肪/HDLコレステロール/LDLコレステロール)

・血糖検査 (空腹時血糖 又は HbA1c)

・肝機能検査 (GOT/GPT/Y‐GTP)

詳細な検査項目 (一定基準の下、医師が必要と認めた場合にのみ実施)

〇心電図検査

〇眼底検査

〇貧血検査 (赤血球数/ヘモグロビン/ヘマトクリット)

  

 

健診の費用について

健診費用は各保険者(加入している各保険機関)によって異なりますので、保険者へお問い合わせください。

社会保険に加入されていて、特定健診をご希望の方は、保険者が契約している医療機関での受診となりますので、当院が契約医療機関になっているかどうか、ご確認の上ご来院ください。

健診の際は、受診券・保険証の提示が必要となります。

 

ご希望の方

診療受付時間内であればいつでも受診できます。予約なしで来院していただき受診できますが、混雑してお待ちいただく場合も ございますので、事前にお電話でお問い合わせください。(電話 0968-62-0622)

当日はできましたら10時間以上の絶食でおいでください。(絶食無しでも健診は可能ですが、採血検査で検査値の変動があります)その他の準備は不用です。


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号
TEL:0968-62-0622



 

 

「花粉症」勉強会!!

今日は国民病「花粉症」について勉強しました。

春の陽気が感じられる今日この頃。熊本の今年の桜もあっという間に見納めです。

暖かいと花粉の飛散量が増え「花粉症」を患っている方にとっては、つらい季節ですね。

今はスギ花粉が落ち着きましたがヒノキの花粉がピークを迎えます。

特に注意する天気は3っ程あり、①雨上がりの晴天②風が強い日③気温が高い日だそうです。それぞれ理由がありますが、今回は省きます。

 

今日から実践。花粉症対策!!

で、これ以上症状を悪化させないためには、日頃からの対策が重要ですがいろいろ対策を言われてますが、今回は主な対策を7つ程ご紹介します。

①睡眠不足にならないように、規則正しい生活をしましょう!!

②ストレスの溜め込みは、花粉症の大敵です!!

③アルコールの飲みすぎは、症状の悪化につながります!!

④喫煙はもちろん、喫煙している人に近寄るのも注意!

⑤適度な運動をしましょう!!

⑥帰宅したら部屋着に着替える習慣を!!

⑦花粉症のつらい症状は放置せず、お医者さんに相談しましょう!!

と、まぁこんなものです。

詳しく説明すると、①は、睡眠が足りてないと免疫やホルモンのバランスを崩しやすくなり、花粉症の症状を悪化させる原因になってしまうことがあるそうです。規則正しい生活リズムをつくる事を心掛けましょう。

②ストレスは自律神経を狂わせたり、免疫のバランスを崩すと言われています。免疫のバランスが崩れると、ちょっとの花粉に対しても過剰に反応してしまう場合があります。

③お酒は血管を拡張させてしまい、鼻づまりや目の充血などの症状を起こりやすくしてしまいます。

④タバコの煙は、鼻の粘膜を直接刺激し、鼻づまりを悪化させる原因になります。

⑤花粉症シーズンは外出を敬遠してしまい、気がつけば運動不足に!!そういう方も多いかと思いますが、運動不足により体力が低下すると免疫のバランスが崩れることにつながる可能性もあり、結果的に花粉症が悪化してしまうことも懸念されます。

⑤帰宅したら、外出中に服に付いた花粉を叩いてから室内に入るようにしましょう。こまめに部屋の掃除を行うのもとても重要です。

⑥きちんと病院に行って自分に合った治療を受けましょう。また、花粉の飛散開始前の症状が軽いうちから治療開始すると、楽に花粉シーズンを乗りきれるのでオススメです。

  

マスクやメガネで毎日しっかり花粉対策しているのに、どんどん症状がつらくなっている気が…。そんな方は、気づかないうちに花粉症の症状を悪化させてしまう習慣が身についてしまっているのかもしれません。上記の対策が役立てれば幸いです。

つらい花粉シーズンを一緒に乗り越えましょう~!


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号
TEL:0968-62-0622



 

 

4月の行事食「お花見膳」!!

今年は桜の開花は例年より早く、天気の良い日が続き、当院がある熊本県は行事食当日は、葉桜になっていました。

今月の行事食の内容は?

今回の行事食は『お花見膳』でしたので、お膳には桜の花が満開です。

三種のおにぎりの中のひとつの具は、ほんのり桜色した鮭フレークを挟み、のりや、かまぼこで花びらを散らしました。

こごみとささ身のフリッターは衣に桜の塩漬けを混ぜ込み、またケーキには桜の花のパウダーを混ぜ桜色に焼き上げました。羊羹も桜を型どり、桜づくしとなりました。

患者さんからは、

「春らしいね!」

「また花見が出来るよ!」

などの声が聞こえてきました。

 

今年最後のお花見を当院でしていただけたようで、嬉しい気持ちになりました。

 


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号
TEL:0968-62-0622



 

ツバメの巣作り!!

今年も西原クリニックの玄関先の軒下にツバメが巣を作り、子育てにやってきました。

ツバメは日本では馴染みがあり、愛される鳥のひとつですね。

西原クリニックには何年も前からツバメが来て、その巣をリフォームして、使用しています。

人間出入りが頻繁な建物だと天敵(カラスなど)が寄って来ないことを知っているんですかね。

 

ツバメの生態

ツバメは暖かい場所を求めて3~4月のはじめ頃に日本にやってくる渡り鳥です。私達が日本国内で見る事の出来るツバメは全てが日本で生まれたものではありません。日本が冬の間、暖かい南の地方で繁殖して北半球の夏の季節に日本へ渡ってきたツバメもいます。

ツバメが巣作りを始めるのは4月~7月頃。材料は泥や枯草、食物の繊維などと唾液を混ぜ込んで作るそうです。子育てですがおよそ5~6個の卵を2週間ぐらいオス・メス交互に温めます。孵化したら1日に100~300回とひなに餌を与えるため、飛び回り続けるようです。だいたい22日ほどでいよいよ巣立ち。巣立った後もしばらくは近くにいるようですね。

 

 

むかし、ツバメが巣作りをする家には幸運が舞い込むと聞いたことがあります。患者さん一人ひとりに幸運が訪れますように。

 

巣立ちまで暖かく見守ろうと思っています。


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号
TEL:0968-62-0622



 

 

4月7日は「世界保健デー」です!!

世界保健デーは世界保健機関(WHO)の後援を受けて毎年4月7日に挙行される世界的な健康啓発デーです。この日を中心に、世界各国でその年のテーマに沿った様々なイベントが開催されます。

世界保健機関(WHO)とは?

世界保健機関(WHO)とは厚生労働省によると、「全ての人々が可能な最高の健康水準に到達すること」を目的として設立された国連の専門機関です。1948年4月7日の設立以来全世界の人々の健康を守るため、広範な活動を行っています。現在の加盟国は194カ国であり、我が国は、1951年5月に加盟しました。

我が国はWHO加盟国として、WHO総会や我が国が所属するWHO西太平洋地域の各種会合に積極的に参加し、我が国の保健医療分野の対策に資するべく国際的な情報を入手すると共に、世界の保健課題への貢献も行っています。」との事。

ちなみに本部はスイスのジュネーブ(日本から9,500㎞)にあるそうです。

世界保健デー 2018年のテーマは?

「世界保健デー」ですが、2018年のテーマは「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC): everyone everywhere」です。

ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)とは、「すべての人が、適切な健康増進、予防、治療、機能回復に関するサービスを、支払い可能な費用で受けられる」ことを意味し、すべての人が経済的な困難を伴うことなく保健医療サービスを享受することを目指しています。

まとめると、― 誰もが、どこでも、お金に困ることなく、自分の必要な質の良い保健・医療サービスを受けられる状態 ―です。

日本に住む私たちも「病気とお金」にまつわる悩みや苦しみを感じますが、世界には10億人がそういった事情により基礎的な保健医療サービスを受けられていません。

 

「世界保健デー」をきっかけに、もっと詳しく勉強して自分自身の事や周りの事を見つめ直そうと思いました。

 


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号
TEL:0968-62-0622



 

「糖尿病」の勉強会!!

本日は「糖尿病」についての勉強会に参加しました。
皆さんご存知のように、「糖尿病」とは、血糖値の高い状態が続き、全身のさまざまな臓器に影響が起こる病気です。「糖尿病が強く疑われる者」の推計が2016年に1,000万人に上ったことが、厚生労働省が実施した「2016年国民健康・栄養調査」で分かりました。また、「糖 尿病の可能性を否定できない者」も約1,000 万人と推計されています。これは、国民の5人に1人が発症する計算です。怖いですね~!!

医療費で見ると「糖尿病」の年間医療費は1兆2,196億円だそうです。(平成26年度 国民医療費の概況より)

 

 

「糖尿病」と言うと、一般的に生活習慣病のイメージが強いと思います。実際日本人の「糖尿病患者」の約95%が生活習慣の乱れ、肥満、ストレス、運動不足などから発症する「2型糖尿病」です。
1型糖尿病はというと、糖尿病全体のわずか約5%であり、急激に発症することが多いそうです。幼児期から青年期の若い年代に発症しやすいといわれていますが、高齢者も含めすべての年代で発症の可能性があるものです。膵臓でインスリンが生成できない状態で、インスリン注射でインスリンを補う治療を行います。

「糖尿病」は実は放置しておくと命に関わる病気にも発展する怖い病気です。

では、糖尿病かも?と気づくサインはないの?と思って色々調べましたが、残念ながら糖尿病の初期は「症状がないのが症状」といわれるくらい、ほとんど自覚症状が現れず進行しやすいとの事。これまた怖いですね。

糖尿病は併発する可能性が高い3つの合併症があるそうです。
1つは糖尿病神経障害。
最も早い段階で発症するとされているのが神経障害です。症状の表れ方は個々によりますが、手足などの末梢神経の障害が主です。自律神経の障害も現れるようになり、手足の感覚がだんだんと鈍くなってしまいます。
2つ目は糖尿病網膜症。
血糖値が高い状態が続くと網膜の血管が損傷して視力が弱まります。悪化すると、白内障になる危険性や失明の可能性も出てきてしまうのです。
3つ目は糖尿病腎症。
糖尿病腎症は、進行具合によって症状や治療法が異なります。
初期の段階で気づくのも難しいと言われており、気付けないまま、進行し、透析療法となってしまいます。

このような合併症のほか、糖尿病は動脈硬化を引きこしやすくし、合併症として心筋梗塞や脳梗塞という病気も引き起こしやすくなります。

 

「糖尿病」は、一度発症すると完全に治るということはありません。でも自分の状態に合わせて治療の3本柱である「食事療法」・「運動療法」・「薬物療法」を行えば、健康なひととなんら変わらない生活を送ることができます。正しい知識をもち、上手に糖尿病と付き合っていくことで、普通のひととかわらない生活を送ることができるのです。

次回は「糖尿病の対策」を勉強してきます。


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号
TEL:0968-62-0622



 

もうすぐ春ですね~♪!!

西原クリニックの2Fのベランダに色とりどりのお花が咲きました。

ある時は入院患者さんの心を和ませ、またある時は私たちの心も癒してくれる、様々なお花たちです。

季節ごとにいろいろな花が咲いていますよ。

後しばらくすれば、かわいらしいチューリップの花が咲いてくれるでしょう!!

今から楽しみです。

  


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号

TEL:0968-62-0622



 

お花見の定番の食べ物!!

あたたかい日と寒い日、曇りや雨の繰り返しで、少しずつ春が近づいているという感じですね。

いよいよお花見の季節がやってきます。

今年の熊本の桜の開花予想は、平年よりやや早い3月17日だそうです。(ちなみに昨年は4月1日)

 

皆さんにとってお花見のお楽しみには何でしょうか?皆で集まって綺麗な桜を見ながら、食事をしたりお酒を飲んだりして盛り上がるのも楽しいですね。

では、お花見の定番の料理・食べ物と言ったら何を思い浮かべます?

ある調査では、

5位がおはぎやお団子などの和スイーツ。

4位 焼きそばやたこやきなどの屋台メニュー

3位 からあげやポテトなどのおつまみ

2位 手作りのお花見弁当

そして第1位が、おにぎりやお寿司などだそうです。

ところであなたは「おにぎり」「おむすび」のどちらでよんでますか?

「同じじゃないの?」って思う方も多いかと思いますが、違いがあるようなのです。でもつて今回も「食で疑問を感じたら管理栄養士さんに!!」という事で話を聞きに行ってきます。

Q またまたお尋ねですが、「おにぎり」と「おむすび」の違いは何ですか?

A 違いについては諸説ありますが、1つは地域によって呼び方の違い、2つ目は由来の違い、3つ目は形の違い、4つ目は調理法の違い、と結構多いですね(笑)

今回は一般的な話をしますね。

まずは「おにぎり」。これは、「にぎり飯」が転じたもの。なんとなく想像できますよね。

それに対して「おむすび」という言葉は、日本最古の歴史書「古事記」に記された神様「むすびのかみ」に由来します。当時の日本人が山を神さまのように崇めて、その神の力を授かるために山のかたち(三角形)に握ったとか。なので、「おむすび」は三角形に握られたものだけを指します。

「おにぎり」はお米を握ったもののことを言うので、俵型でも丸いかたちでも、もちろん三角形でもいいんです。

あと調理法の違いですが、手製で作られたものを「おむすび」といい、「おにぎり」は道具を使って作られたものを指すという説もあります。

海苔でも違うという説があって、丸形で海苔(しめった海苔)が全面を覆うのが「おにぎり」、三角で乾いたパリパリの海苔が一部を取り巻くのが「おむすび」ということです。

以上のようにいろいろな説を話しましたが、これが正解というものはないのが実情です。

ちなみに両者記念日があり「おにぎり」は6月18日でおにぎりの日、「おむすび」は1月17日で「おむすびの日」だそうです。

現在では明確に違いを分ける必要性はなく、おいしく食べれるのが一番ですね。

 

そうですね!!難しく考えながら食べませんもんね!!

ちなみに以前「ぼたもち」と「おはぎ」の違いをお尋ねしましたが、この前TV番組で取り上げられてましたね!!同じような疑問を持ってる人が多くいるんですね。

栄養士さん今回もありがとうございました。


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号

TEL:0968-62-0622



 

3月の行事食「ひな祭り膳」!!

女の子の健やかな成長と幸せを願うひな祭りに、当院では、ひな祭り膳を入院患者さんへお出ししました。

 

ある患者さんは、このひな祭り膳を食べられた後に、独身のスタッフへ、

「ひな祭りの由来を知ってる?」

と聞かれ、

「知りません。」

とスタッフが答えたのでひな祭りの由来を話されたとのこと。

病気でふさぎ込んでた患者さんも、紙で作ったお雛様の前に雛あられを置いて、それを見ながら穏やかで明るい表情で話されました。

 

患者さんの表情をそうさせることの出来るような食事を今後も提供することに努めようと思います。


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号
TEL:0968-62-0622