インフルエンザが警戒レベルを超えてます!!

インフルエンザが猛威を振るっています。

厚生労働省の1/26発表によると、平成30年第3週(H 30.1.5~H30.1. 21まで)分のインフルエンザの発生状況は、(全国の医療機関をこの 1 週間に受診した患者数を推計すると)約283万人で、全国の保健所地域で警報レベルを超えている保健所地域は453箇所、注意報レベルを超えている保健所地域は 92 箇所(1都1道2府27県)となりました。

(警報レベル基準:1定点あたり30、警報レベル解除基準:1定点あたり10)

熊本県は8番目に患者数が多いとの事。今の調査方法となった1999年以降で過去最多だそうです。また今年は複数の型のウイルスが同時流行し、患者数が多くなっているもようです。

インフルエンザ流行レベルマップ

また、熊本県内ではインフルエンザの報告数が5,301件、荒尾市管轄の有明保健所では熊本市1,700件・菊池769件・人吉保健所565件に続く519件でした。

 

熊本県内のインフルエンザ報告数

最強寒波も続いており、ぜひ予防に力を入れて頂きたいと思います!

さて、どんな対策が「最も効果アリ」なんでしょうか?

まずは「手洗いをする」です。手指にウイルス染っていた場合、特に鼻をさわることで上咽頭、鼻腔粘膜から感染することがわかっています。

次は「人ごみに行かない」です。感染の機会が多ければ多いほど感染する可能性が高いので、出歩かないのが一番だと思います。

次は、「睡眠・休養をとる」です。ウイルスに対抗するにはまずは体力です。免疫力が低い人から罹患するからです。

後は、「加湿をする」です。これは加湿しているとウイルスが活発にならないため有効といわれています。

他にも「水分補給を十分する」「マスクをする」といった事がありますが、風邪よりも感染力が強く、発熱や痛みなどの強い症状や合併症でつらい症状が現れるインフルエンザ。

特に38度を超え、時に40度に達するような高熱や頭痛、関節痛、筋肉痛などに加えて、咳や鼻水などの風邪症状は、本当に体力を奪います。ですからまずは「予防」をして頂くのが何より大切です。

さいなことですが 、日々の予防を徹底して、元気に今年の最強寒波を乗り切りましょう!


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号

TEL:0968-62-0622



 

 

第3回デスカンファレンス開催!!

今年最初のデスカンファレンスを開催しました。

11名の参加者でした。

今回のテーマは、「高齢で認知症もあり、自らの鎮静・鎮痛の希望や意思の疎通が困難であった事例について、苦痛の緩和ができただろうか。振り返り、今後のケアにつなげる。」

でした。

 

事例紹介の後、苦痛の緩和について、看護を振り返り、よかったこと、難しかったことなどを伝え合いました。その後、ご家族からのお礼の手紙の紹介があり、遺族の気持ちを理解しました。

総評として、院長より「できただろうか?と悩んでいる、悩みつづけることが大事である。認知症があり、意志疎通は困難だとしても、人格を尊重し、最期まで敬意を払うことが大事である。また、常に緩和ケアのものさしである、身体的・精神的・社会的・スピリチュアルな苦痛について評価し、私たち医療者は個々の経験や技術を通して真摯に向き合っていくことが大事である。」と述べられました。

最後に師長より、「今回は事務職からの参加もあり、これからもみんなで伝えあうことを重ねていきましょう。とまとめ会を終了しました。

今後も西原クリニックでは、緩和ケアの専門性を発揮し、患者様・御家族の意思を尊重し生きることを支えるケアの提供と切れ目ない緩和ケアを提供していきたいと思います。


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号

TEL:0968-62-0622



 

在宅ネットあらお市民公開講座!!

  

1月20日(土)15:00から、荒尾市医師会館会議室に於いて「国内外が注目!くまモン手帳をフル活用した荒尾型地域包括ケア」と題し、独立行政法人 労働者健康安心機構 労働安全衛生総合研究所 過労死等調査研究センター長の伊藤弘人先生をお迎えした、「在宅ネットあらお」主催の公開講座に参加しました。

関係者も含め91名の参加でした。

この公開講座の司会は医師会理事でもある西原クリニックの中村院長でした。

荒尾市では、地域医療の連携ツールとしてくまモン手帳を活用していますが、医師会では院長が中心となってこの取り組みを進めています。

荒尾医師会の藤瀬会長より開会の辞のあと、荒尾市の浅田市長より来賓挨拶があり、伊藤先生の基調講演です。

 

諸外国の事情や国内の認知症施策の動向を交えながら、くまモン手帳というツールを活用した荒尾市の地域包括ケアの取組についてお話しされ、荒尾市の取組には非常に期待をされていることがわかりました。

これからも深刻な状況は続きますが、「くまモン手帳」の共同利用によって「荒尾に住んでてよかった」と思えるような地域で支える体制づくりの一翼を担っていきたいと思いました。


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号

TEL:0968-62-0622



 

1月11日(木)は「鏡開き日」!!

1月11日(木)は「鏡開き日」にちなんで、西原クリニックでも「ぜんざい」を入院患者様にお出ししました。

鏡開きの日にちは地域によって違ったり、土日祝日の関係で異なることもありますが、

基本的に毎年1月11日が鏡開きの日とされているそうです。

鏡開きとは、お正月に神様、仏様に供えていた鏡餅を下げ、それを食べるという日本の年中行事で、神様、仏様に供えた食べ物には力が備わると考えられ、神様や仏様に感謝しながらそれを食べることによって、無病息災を祈願しています。

「鏡」は円満を意味し、「開く」は開運を意味するそうです。

  

 

ちなみに、「おしるこ」と「ぜんざい」の違いは何でしょう?

どちらも小豆を砂糖で甘く煮て、餅や白玉を入れた物ですが、「関東」と「関西」で異なるそうです。

関東では、汁気がある物全般を「おしるこ」、汁気のない餅に餡(あん)を添えた物を「ぜんざい」と呼んでいます。

関西では、こしあんを使った汁気のある物を「おしるこ」、つぶあんを使った汁気の有る物を「ぜんざい」と呼んでいます。 ∩゙ヽ(。・ω・。)へぇ~

西原クリニックではつぶあんを使った「ぜんざい」です!!

 

患者様からは「おいしい~」との声を頂きました。

 

ぜんざいを食べて

「十分に養生され一日も早いご回復をお祈り申し上げます」

西原クリニックのスタッフは想っています。


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号

TEL:0968-62-0622



 

好評のプラセンタ・ビタミン注射のご紹介!!

今日は、当院で行っているプラセンタ・ビタミン注射を紹介したいと思います。

患者さんからとても好評で、男女・年齢問わず、いろんな方が注射に来られています!

当院で注射を始めた2年半前から、現在も注射を継続されている方もいらっしゃるんですよ!

 

今日は、実際に注射をしている患者さんの声を紹介します!

 

・肩こりがひどかったが、注射を始めてすごく楽になりました。

・仕事を始めたばかりで疲れが溜まっていたが、疲れが軽くなりました。

・注射を始めてから、夜は熟睡できるようになり、朝の目覚めがすっきりします。

・荷物を運ぶ仕事をしているが、注射をすると元気が出て、疲労感が全然違います!

・色が白くなり、肌がきれいになりました。

・生理不順がなくなり、生理痛も軽くなりました。

患者さんによって、効果は様々ですが、注射を続けている患者さんからは、嬉しい声をよく聞きます(^-^)

 

気になる方は是非試されてみて下さい♪


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号

TEL:0968-62-0622



 

1月の行事食「おせち料理」!!

新年明けましてあめでとうございます。

当院では、今年も恒例のお節料理をお出ししました。

朝ごはんには、雑煮、黒豆、ごまめ、数の子。

お昼には、がめ煮、鶏の八幡巻きや縁起の良い伊達巻や昆布巻きなどを添えました。

この、お節に入っている伊達巻は、切る前の形はぐるりと巻かれた巻物の様な形をしているところより、「文化、学問、教養」を持つことを願うという意味が込められているそうですよ。お節料理の意味を考えながら食べるのもまた楽しみですね。

今年も皆様にとって、良い年でありますように!(^^)!


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号
TEL:0968-62-0622



 

平成30年1月 「明けましておめでとうございます」!!

西原クリニック、そして西原クリニックのホームページをご利用くださっている皆様、あけましておめでとうございます。

昨年は皆様の多大なご協力をいだだきまして、誠にありがとうございました。

賜りましたご支援に対し厚くお礼申し上げます。

本年も職員一同、皆様にご満足いただける医療を心がける所存でございます。

引き続き、ご指導・ご鞭撻を頂戴できれば幸いです。

2018年が皆様にとりまして輝かしく幸多き一年になりますことを心よりお祈り申し上げます。

それでは、今年も1年間西原クリニックのホームページをよろしくお願いいたしますm(__)m

平成30年1月


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号

TEL:0968-62-0622



看護師長 高森豊子より皆様へ新年のご挨拶

新年明けまして おめでとうございます。

皆様のご支援と協力を得て、無事に新年を迎えることができました。

 

今年も、西原クリニックは、かぜ~けが~がん、そして看取りまで、地域の皆様の健やかな生活を支え、入院できる「かかりつけ医」としての役割を果たしていきたいと思っています。

 

外来部門は、

かかりつけ医としての役割を果たせるよう、気軽に健康相談や予防医学を含めて、ご家族の健康を支援させていただきます。

 

病棟部門は、

自宅の近くで家族とともに治療したい、大切な最期の時間を家族と過ごしたいという患者様やご家族に寄り添って、速やかな連携をとりながら、療養の場や方法を一緒に考え、外来から入院、入院から在宅まで切れ目のない看護を実践していきます。

 

今年も、どうぞよろしくお願いします。

また、皆様にとって心安らかで穏やかな1年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。

 

平成30年1月吉日

医療法人成風舎 西原クリニック看護師長

高森 豊子


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号

TEL:0968-62-0622



 

院長 中村光成より皆様へ新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

皆さまには健やかに新年をお迎えのことと、こころよりお慶び申し上げます。

熊本地震より間もなく二年になりますが、被災された皆様におかれましては一日も早い復興をお祈りいたしております。

当院は、有床診療所という日本特有の医療機関ですが「入院できるかかりつけ医」として、かぜや高血圧・糖尿病・高脂血症といった内科的な病気から、けがなどの外傷やそけいヘルニアなどの外科手術、がんに関しては診断から治療・緩和ケアに至るまで幅広く対応しています。

認知症サポート医としても診療を行っていますが、生活習慣病はもちろんですが、がんや認知症も生活習慣の影響を大きく受けていますので予防医療にも力を入れています。

今後もスタッフ共々人間性・地域性・専門性に関して研鑽を重ね、より良い医療を地域に提供することを心掛けていきたいと存じます。

最後に、皆さまにとりまして幸多い年になりますよう祈念しまして年頭のご挨拶といたします。どうぞ今年もあたたかいご支援とご助言をこころよりお願い申し上げます。

 

平成30年1月吉日

医療法人成風舎 西原クリニック院長

中村 光成


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号

TEL:0968-62-0622