在宅ネットあらお市民公開講座!!

  

1月20日(土)15:00から、荒尾市医師会館会議室に於いて「国内外が注目!くまモン手帳をフル活用した荒尾型地域包括ケア」と題し、独立行政法人 労働者健康安心機構 労働安全衛生総合研究所 過労死等調査研究センター長の伊藤弘人先生をお迎えした、「在宅ネットあらお」主催の公開講座に参加しました。

関係者も含め91名の参加でした。

この公開講座の司会は医師会理事でもある西原クリニックの中村院長でした。

荒尾市では、地域医療の連携ツールとしてくまモン手帳を活用していますが、医師会では院長が中心となってこの取り組みを進めています。

荒尾医師会の藤瀬会長より開会の辞のあと、荒尾市の浅田市長より来賓挨拶があり、伊藤先生の基調講演です。

 

諸外国の事情や国内の認知症施策の動向を交えながら、くまモン手帳というツールを活用した荒尾市の地域包括ケアの取組についてお話しされ、荒尾市の取組には非常に期待をされていることがわかりました。

これからも深刻な状況は続きますが、「くまモン手帳」の共同利用によって「荒尾に住んでてよかった」と思えるような地域で支える体制づくりの一翼を担っていきたいと思いました。


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

TEL:0968-62-0622    FAX:00968-62-4459

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24