「糖尿病」の勉強会!!

本日は「糖尿病」についての勉強会に参加しました。
皆さんご存知のように、「糖尿病」とは、血糖値の高い状態が続き、全身のさまざまな臓器に影響が起こる病気です。「糖尿病が強く疑われる者」の推計が2016年に1,000万人に上ったことが、厚生労働省が実施した「2016年国民健康・栄養調査」で分かりました。また、「糖 尿病の可能性を否定できない者」も約1,000 万人と推計されています。これは、国民の5人に1人が発症する計算です。怖いですね~!!

医療費で見ると「糖尿病」の年間医療費は1兆2,196億円だそうです。(平成26年度 国民医療費の概況より)

 

 

「糖尿病」と言うと、一般的に生活習慣病のイメージが強いと思います。実際日本人の「糖尿病患者」の約95%が生活習慣の乱れ、肥満、ストレス、運動不足などから発症する「2型糖尿病」です。
1型糖尿病はというと、糖尿病全体のわずか約5%であり、急激に発症することが多いそうです。幼児期から青年期の若い年代に発症しやすいといわれていますが、高齢者も含めすべての年代で発症の可能性があるものです。膵臓でインスリンが生成できない状態で、インスリン注射でインスリンを補う治療を行います。

「糖尿病」は実は放置しておくと命に関わる病気にも発展する怖い病気です。

では、糖尿病かも?と気づくサインはないの?と思って色々調べましたが、残念ながら糖尿病の初期は「症状がないのが症状」といわれるくらい、ほとんど自覚症状が現れず進行しやすいとの事。これまた怖いですね。

糖尿病は併発する可能性が高い3つの合併症があるそうです。
1つは糖尿病神経障害。
最も早い段階で発症するとされているのが神経障害です。症状の表れ方は個々によりますが、手足などの末梢神経の障害が主です。自律神経の障害も現れるようになり、手足の感覚がだんだんと鈍くなってしまいます。
2つ目は糖尿病網膜症。
血糖値が高い状態が続くと網膜の血管が損傷して視力が弱まります。悪化すると、白内障になる危険性や失明の可能性も出てきてしまうのです。
3つ目は糖尿病腎症。
糖尿病腎症は、進行具合によって症状や治療法が異なります。
初期の段階で気づくのも難しいと言われており、気付けないまま、進行し、透析療法となってしまいます。

このような合併症のほか、糖尿病は動脈硬化を引きこしやすくし、合併症として心筋梗塞や脳梗塞という病気も引き起こしやすくなります。

 

「糖尿病」は、一度発症すると完全に治るということはありません。でも自分の状態に合わせて治療の3本柱である「食事療法」・「運動療法」・「薬物療法」を行えば、健康なひととなんら変わらない生活を送ることができます。正しい知識をもち、上手に糖尿病と付き合っていくことで、普通のひととかわらない生活を送ることができるのです。

次回は「糖尿病の対策」を勉強してきます。


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号
TEL:0968-62-0622



 

もうすぐ春ですね~♪!!

西原クリニックの2Fのベランダに色とりどりのお花が咲きました。

ある時は入院患者さんの心を和ませ、またある時は私たちの心も癒してくれる、様々なお花たちです。

季節ごとにいろいろな花が咲いていますよ。

後しばらくすれば、かわいらしいチューリップの花が咲いてくれるでしょう!!

今から楽しみです。

  


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号

TEL:0968-62-0622



 

お花見の定番の食べ物!!

あたたかい日と寒い日、曇りや雨の繰り返しで、少しずつ春が近づいているという感じですね。

いよいよお花見の季節がやってきます。

今年の熊本の桜の開花予想は、平年よりやや早い3月17日だそうです。(ちなみに昨年は4月1日)

 

皆さんにとってお花見のお楽しみには何でしょうか?皆で集まって綺麗な桜を見ながら、食事をしたりお酒を飲んだりして盛り上がるのも楽しいですね。

では、お花見の定番の料理・食べ物と言ったら何を思い浮かべます?

ある調査では、

5位がおはぎやお団子などの和スイーツ。

4位 焼きそばやたこやきなどの屋台メニュー

3位 からあげやポテトなどのおつまみ

2位 手作りのお花見弁当

そして第1位が、おにぎりやお寿司などだそうです。

ところであなたは「おにぎり」「おむすび」のどちらでよんでますか?

「同じじゃないの?」って思う方も多いかと思いますが、違いがあるようなのです。でもつて今回も「食で疑問を感じたら管理栄養士さんに!!」という事で話を聞きに行ってきます。

Q またまたお尋ねですが、「おにぎり」と「おむすび」の違いは何ですか?

A 違いについては諸説ありますが、1つは地域によって呼び方の違い、2つ目は由来の違い、3つ目は形の違い、4つ目は調理法の違い、と結構多いですね(笑)

今回は一般的な話をしますね。

まずは「おにぎり」。これは、「にぎり飯」が転じたもの。なんとなく想像できますよね。

それに対して「おむすび」という言葉は、日本最古の歴史書「古事記」に記された神様「むすびのかみ」に由来します。当時の日本人が山を神さまのように崇めて、その神の力を授かるために山のかたち(三角形)に握ったとか。なので、「おむすび」は三角形に握られたものだけを指します。

「おにぎり」はお米を握ったもののことを言うので、俵型でも丸いかたちでも、もちろん三角形でもいいんです。

あと調理法の違いですが、手製で作られたものを「おむすび」といい、「おにぎり」は道具を使って作られたものを指すという説もあります。

海苔でも違うという説があって、丸形で海苔(しめった海苔)が全面を覆うのが「おにぎり」、三角で乾いたパリパリの海苔が一部を取り巻くのが「おむすび」ということです。

以上のようにいろいろな説を話しましたが、これが正解というものはないのが実情です。

ちなみに両者記念日があり「おにぎり」は6月18日でおにぎりの日、「おむすび」は1月17日で「おむすびの日」だそうです。

現在では明確に違いを分ける必要性はなく、おいしく食べれるのが一番ですね。

 

そうですね!!難しく考えながら食べませんもんね!!

ちなみに以前「ぼたもち」と「おはぎ」の違いをお尋ねしましたが、この前TV番組で取り上げられてましたね!!同じような疑問を持ってる人が多くいるんですね。

栄養士さん今回もありがとうございました。


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号

TEL:0968-62-0622



 

3月の行事食「ひな祭り膳」!!

女の子の健やかな成長と幸せを願うひな祭りに、当院では、ひな祭り膳を入院患者さんへお出ししました。

 

ある患者さんは、このひな祭り膳を食べられた後に、独身のスタッフへ、

「ひな祭りの由来を知ってる?」

と聞かれ、

「知りません。」

とスタッフが答えたのでひな祭りの由来を話されたとのこと。

病気でふさぎ込んでた患者さんも、紙で作ったお雛様の前に雛あられを置いて、それを見ながら穏やかで明るい表情で話されました。

 

患者さんの表情をそうさせることの出来るような食事を今後も提供することに努めようと思います。


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号
TEL:0968-62-0622