「糖尿病」の勉強会!!

本日は「糖尿病」についての勉強会に参加しました。
皆さんご存知のように、「糖尿病」とは、血糖値の高い状態が続き、全身のさまざまな臓器に影響が起こる病気です。「糖尿病が強く疑われる者」の推計が2016年に1,000万人に上ったことが、厚生労働省が実施した「2016年国民健康・栄養調査」で分かりました。また、「糖 尿病の可能性を否定できない者」も約1,000 万人と推計されています。これは、国民の5人に1人が発症する計算です。怖いですね~!!

医療費で見ると「糖尿病」の年間医療費は1兆2,196億円だそうです。(平成26年度 国民医療費の概況より)

 

 

「糖尿病」と言うと、一般的に生活習慣病のイメージが強いと思います。実際日本人の「糖尿病患者」の約95%が生活習慣の乱れ、肥満、ストレス、運動不足などから発症する「2型糖尿病」です。
1型糖尿病はというと、糖尿病全体のわずか約5%であり、急激に発症することが多いそうです。幼児期から青年期の若い年代に発症しやすいといわれていますが、高齢者も含めすべての年代で発症の可能性があるものです。膵臓でインスリンが生成できない状態で、インスリン注射でインスリンを補う治療を行います。

「糖尿病」は実は放置しておくと命に関わる病気にも発展する怖い病気です。

では、糖尿病かも?と気づくサインはないの?と思って色々調べましたが、残念ながら糖尿病の初期は「症状がないのが症状」といわれるくらい、ほとんど自覚症状が現れず進行しやすいとの事。これまた怖いですね。

糖尿病は併発する可能性が高い3つの合併症があるそうです。
1つは糖尿病神経障害。
最も早い段階で発症するとされているのが神経障害です。症状の表れ方は個々によりますが、手足などの末梢神経の障害が主です。自律神経の障害も現れるようになり、手足の感覚がだんだんと鈍くなってしまいます。
2つ目は糖尿病網膜症。
血糖値が高い状態が続くと網膜の血管が損傷して視力が弱まります。悪化すると、白内障になる危険性や失明の可能性も出てきてしまうのです。
3つ目は糖尿病腎症。
糖尿病腎症は、進行具合によって症状や治療法が異なります。
初期の段階で気づくのも難しいと言われており、気付けないまま、進行し、透析療法となってしまいます。

このような合併症のほか、糖尿病は動脈硬化を引きこしやすくし、合併症として心筋梗塞や脳梗塞という病気も引き起こしやすくなります。

 

「糖尿病」は、一度発症すると完全に治るということはありません。でも自分の状態に合わせて治療の3本柱である「食事療法」・「運動療法」・「薬物療法」を行えば、健康なひととなんら変わらない生活を送ることができます。正しい知識をもち、上手に糖尿病と付き合っていくことで、普通のひととかわらない生活を送ることができるのです。

次回は「糖尿病の対策」を勉強してきます。


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号
TEL:0968-62-0622