「花粉症」勉強会!!

今日は国民病「花粉症」について勉強しました。

春の陽気が感じられる今日この頃。熊本の今年の桜もあっという間に見納めです。

暖かいと花粉の飛散量が増え「花粉症」を患っている方にとっては、つらい季節ですね。

今はスギ花粉が落ち着きましたがヒノキの花粉がピークを迎えます。

特に注意する天気は3っ程あり、①雨上がりの晴天②風が強い日③気温が高い日だそうです。それぞれ理由がありますが、今回は省きます。

 

今日から実践。花粉症対策!!

で、これ以上症状を悪化させないためには、日頃からの対策が重要ですがいろいろ対策を言われてますが、今回は主な対策を7つ程ご紹介します。

①睡眠不足にならないように、規則正しい生活をしましょう!!

②ストレスの溜め込みは、花粉症の大敵です!!

③アルコールの飲みすぎは、症状の悪化につながります!!

④喫煙はもちろん、喫煙している人に近寄るのも注意!

⑤適度な運動をしましょう!!

⑥帰宅したら部屋着に着替える習慣を!!

⑦花粉症のつらい症状は放置せず、お医者さんに相談しましょう!!

と、まぁこんなものです。

詳しく説明すると、①は、睡眠が足りてないと免疫やホルモンのバランスを崩しやすくなり、花粉症の症状を悪化させる原因になってしまうことがあるそうです。規則正しい生活リズムをつくる事を心掛けましょう。

②ストレスは自律神経を狂わせたり、免疫のバランスを崩すと言われています。免疫のバランスが崩れると、ちょっとの花粉に対しても過剰に反応してしまう場合があります。

③お酒は血管を拡張させてしまい、鼻づまりや目の充血などの症状を起こりやすくしてしまいます。

④タバコの煙は、鼻の粘膜を直接刺激し、鼻づまりを悪化させる原因になります。

⑤花粉症シーズンは外出を敬遠してしまい、気がつけば運動不足に!!そういう方も多いかと思いますが、運動不足により体力が低下すると免疫のバランスが崩れることにつながる可能性もあり、結果的に花粉症が悪化してしまうことも懸念されます。

⑤帰宅したら、外出中に服に付いた花粉を叩いてから室内に入るようにしましょう。こまめに部屋の掃除を行うのもとても重要です。

⑥きちんと病院に行って自分に合った治療を受けましょう。また、花粉の飛散開始前の症状が軽いうちから治療開始すると、楽に花粉シーズンを乗りきれるのでオススメです。

  

マスクやメガネで毎日しっかり花粉対策しているのに、どんどん症状がつらくなっている気が…。そんな方は、気づかないうちに花粉症の症状を悪化させてしまう習慣が身についてしまっているのかもしれません。上記の対策が役立てれば幸いです。

つらい花粉シーズンを一緒に乗り越えましょう~!


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号
TEL:0968-62-0622