消防訓練×応急手当訓練を実施しました!!

毎年恒例の消防訓練を実施しました。

今回は昼間2階厨房室より火災発生との想定、火元の発見、通報、初期消火、避難誘導、などの対応手順を訓練しました。

 

消防訓練の次は応急手当の訓練です。AEDを使っての訓練でした。

AEDの使い方に加えて、人工呼吸や胸骨圧迫も正しく教えてもらいました。

 

心肺蘇生とAED

応急手当には、以下の2つの方法があります。

一つは、心肺蘇生。

もう一つは、AED。

皆さんも、実際心肺停止の方がいた場合動揺しませんか?

そして、その救命の手順が分からなかったりしませんか?

 

心肺蘇生法は、昔からある人工呼吸と心臓マッサージです。

 

手順は、

1           周囲の安全を確認する。

2           傷病者に近づき、反応(意識)を確認する。

3           傷病者に反応がなければ、大声で叫び応援を呼ぶ。

4            119番通報およびAEDを現場に届けてもらうよう協力を求める。

この時AEDがなくても必ず戻るよう声掛けする。

5           呼吸を見る。(10秒以内)

6           呼吸が止まっていると思ったら、胸骨圧迫(心臓マッサージ)を30回。

7           人工呼吸2回。

8           心臓マッサージ30回。

9           上記6.7を絶え間なく続けてください。

 

さらに、AEDを使って

1           傷病者の近くで、電源を入れる。

2           衣服を脱がせる。

3           電極パッドを貼る。

4           AEDが自動的に心臓のリズムを診断。

5           結果、ショックの必要があれば、誰も触れていないのを確認して電気ショック。

6           電気ショックの後すぐ心肺蘇生。

 

この手順が、人命救助の可能性を広げます。

参加した職員一同、日頃の笑顔を捨て真剣な表情で訓練していました。

   

いつ目の前で大切な人が倒れ救助することが無いとも限りません。

これからも防火防災の意識を高め、また応急手当の流れを忘れずに日々がんばります。


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号
TEL:0968-62-0622



 

毎年5月31日は「世界禁煙デー」です!!

世界保健機構(WHO)が制定した禁煙を推進する記念日の一つで、1987年(31年前)に定められたそうです。

日本では、1922年(26年前のH4)から、5月31日~6月6日までの1週間「禁煙週間」として、全国で様々な禁煙に関するイベントが催されます。

たばこの煙には、喫煙者が吸う「1.主流煙」、喫煙者が吐き出した「2.呼出煙」、たばこから立ち上る「3.副流煙」があり、受動喫煙では(喫煙しない人が、この2・3の煙を吸わされることを「受動喫煙」と言います。)これらが混ざった中古の煙を吸わされていることになります。煙に含まれる発がん性物質などの有害成分は、主流煙より副流煙に多く含まれるものがあり、マナーという考え方だけでは解決できない健康問題です。

たばこでお肌が老ける!?

黒ずんだ、張り・艶のない肌、しみや小じわの多さが特徴の喫煙者の顔を「スモーカーズ・フェイス」と言います。タバコのニコチンの作用で血液の流れが悪くなるため、肌の乾燥が進み、皮膚に細かいしわができます。また、長年タバコを吸う動作を繰り返していると、鼻から下にかけてのしわは深くなります。

喫煙女性は、非喫煙者と比べて、小じわが3倍以上多いそうです。さらに、ニコチンはメラニン色素代謝に関係するビタミンCを壊すため(タバコ1本でレモン半分のビタミンCが失われる)、肌の色が悪くなり、しみができます。

受動喫煙が妊婦や子どもの身体に及ぼす影響

体に悪い有害物質に影響されるのは前述したとおり、喫煙者ばかりではありません。

受動喫煙の影響を最も大きく受けるのは、身体がまだ発達途中の段階にある子どもです。日本呼吸器学会のデータですが、受動喫煙下にある子どもはそうでない子どもに比べて、虫歯のリスクは2倍、肺炎や気管支炎のリスクは1.5~2.5倍、気管支ぜん息のリスクは1.5倍に上昇するといわれています。

また、低年齢の子どもほど受動喫煙の影響を強く受けやすいことも特徴です。受動喫煙下にある乳幼児はそうでない乳幼児と比較して、乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクが4.7倍も上昇します。

さらに、受動喫煙は、お腹にいる子どもにも影響を及ぼします。受動喫煙下にさらされている妊婦はそうでない妊婦に比べ、流産のリスクは1.1~2.2倍、胎児が低出生体重児として生まれるリスクは1.2~1.6倍に上昇するとされています。

  

 

吸ってるあなた!!この機会に禁煙にチャレンジしてみては?

当クリニックでも禁煙外来を行っています。

ニコチン依存症は病気です。

自分の意思ではなかなか止められない場合は、医師などの専門家の力を借りてください。

禁煙外来では、医師が、あなたの喫煙歴をきちんと把握した上で、禁煙補助薬の処方、治療の経過を見守ってくれることです。禁煙中の症状(離脱症状)が起こっても、診察で相談できるので、うまく続けていくことができます。 基本的に健康保険を使って禁煙治療ができます。(条件を満した場合に適用可)

喫煙は止めるのではなく、治すのです。

禁煙外来についてくわしくはこちらのページで。


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号
TEL:0968-62-0622



 

 

5月の行事食「皐月膳」!!

皆さんの地域では、どのような春を過ごされていますか? 寒い日が続いたかと思うと、最高気温が夏日になったりと、体調を崩しそうな気温差がありますね。

当院では、梅雨を迎える前の新緑が生えるこの季節に、皐月膳をお出ししました。

 今月の行事食の内容は?

旬の甘夏や空豆が入った、さっぱりしたサラダに新じゃが、抹茶を使った料理なども美味しく出来ましたよ。

中華おこわは工程が大変なイメージがあるかもしれませんが、家庭でも簡単にできますよ。是非作られてみてはどうですか。

  

 


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号
TEL:0968-62-0622



 

リハビリ室便りNo.3

ずいぶんご無沙汰していました。リハビリ室からです。

GWも終わって、いわゆる「5月病」に陥る人も少なくありません。いやですね~

何かと憂鬱になる5月を乗り切りましょう!!

 

今日ご紹介する機器は、メディカルダイエットでも活躍するテクトロン(低周波治療器)です。

このテクトロン(低周波治療器)の小さいサイズの導子が、頸部や肘などの細かい部位にもしっかりフィットしますので、より効果的な治療が可能になりました。

GWや冬に食べすぎた方!! 夏に向けて肌を露出する部位が増え、カラダのラインが出やすい服装に切り替わり、否応なしにモコモコした服の下で怠けきってしまった自分のカラダの現実を知ることになるわけです…。でも、夏までもう待ったなし! とはいえ、短期間での過激な食事制限などの急なダイエットは要注意!無理な食事制限はストレスもかかるし、なにより美容の大敵です。

  

テクトロン(低周波治療器)の効果

ダイエットの近道!!というのはなかなかありません。やっぱり一番は、昔から言われている運動方法・正しい食事の方法ですね。

まず運動ですが、人間には赤筋/白筋/中間筋という筋肉があるそうです。

赤筋を鍛えるには、運動が必須です。しかし、どんな運動でも良いという訳ではなく、ゆっくりとした動作の運動でなければ鍛えることができません。

しかし、メディカルダイエットでテクトロン(低周波治療器)を使用する場合は、ランダムアクセス波により赤筋(赤筋による脂肪の燃焼効果は白筋の2倍と言われ、基礎代謝アップにも役立つ。)の刺激が可能。これによりダイエットやフィットネスに必要な赤筋に対する運動効果があります。

テクトロン(低周波治療器)の運動量は20分寝ているだけで200~400回の腹筋運動と同じ程度のエネルギーを消費します。

くわしくはこちらのページも

 

他の効果としてテクトロン(低周波治療器)には、痛みに対してのマッサージ効果と血行促進効果、鎮痛効果があります。筋肉は、体内の電気信号によって動いているため、低周波治療器などを使って体の外から電気刺激を与えると、動かそうとしなくても筋肉を動かすことができるのです。こうやって、筋肉を電気刺激で揉みほぐすことで、患部の硬くなった筋肉を柔らかくし、そのため血流がよくなるので痛みを起こしている発痛物質を流し出し、鎮痛効果が得られるのです。

おっと患者様がお見えです!!

食事に関しては今度聞いときますね!!では


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号
TEL:0968-62-0622



 

GWも終盤の5月5日は端午の節句!と言えば「菖蒲湯」!!

国民の祝日としての「子どもの日」は鯉のぼりや兜を飾り、柏餅などを食べて、菖蒲湯に入り、男の子の健やかな成長を願う年中行事ですね。

西原クリニックに於いても、患者様に季節感を味わって頂こうと「菖蒲湯」をご用意いたしました。

頭に菖蒲を鉢巻のように巻き(これは「菖蒲湯」の効果をさらに高めるといわれています。)、湯船に菖蒲を束ねて入れてできた「菖蒲湯」に入って頂きました。いつもより少し熱めの湯でしっかり菖蒲の香りを出すようにしました。

患者様からは「菖蒲の香りが広がって、子どもの頃を思い出しました。いいお湯でした。」との声を頂きました。

菖蒲湯」の由来

 

この「菖蒲湯」ですが、中国から伝来してきた風習だそうです。もともと中国では魔除け・邪気払いのため菖蒲やヨモギを門に飾ったり、菖蒲を浸したお酒(菖蒲酒)を飲んだりしていました。菖蒲は古くから解毒作用がある薬草として人々から重宝されていました。もちろん「菖蒲湯」も漢方の湯治療法として入るそうです。

そして菖蒲の葉のもつ香りは厄災を払うとされ、魔除けのお守りであると信じられていました。そして日本に伝来したのは約1,300年前の奈良時代の頃と言われています。

一般庶民が菖蒲湯を楽しむようになったのは意外に遅く、江戸時代に武家社会で菖蒲と尚武をかけて5月5日を尚武の節日として祝うようになったのが端午の節句の始まりだと言われ、その結果、今日でも5月5日には菖蒲湯に入る習慣が受け継がれているのだといいます。

 

菖蒲湯に入ったことが無いという方も、今年は入られてみてはいかがでしょうか?(地域によっては6月5日に入るそうです。まだ間に合います!!)

厄払いができるかもしれませんよ!!

 

今年も菖蒲湯に入った患者様が、元気で幸せな1年でありますように!


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号
TEL:0968-62-0622