消防訓練×応急手当訓練を実施しました!!

毎年恒例の消防訓練を実施しました。

今回は昼間2階厨房室より火災発生との想定、火元の発見、通報、初期消火、避難誘導、などの対応手順を訓練しました。

 

消防訓練の次は応急手当の訓練です。AEDを使っての訓練でした。

AEDの使い方に加えて、人工呼吸や胸骨圧迫も正しく教えてもらいました。

 

心肺蘇生とAED

応急手当には、以下の2つの方法があります。

一つは、心肺蘇生。

もう一つは、AED。

皆さんも、実際心肺停止の方がいた場合動揺しませんか?

そして、その救命の手順が分からなかったりしませんか?

 

心肺蘇生法は、昔からある人工呼吸と心臓マッサージです。

 

手順は、

1           周囲の安全を確認する。

2           傷病者に近づき、反応(意識)を確認する。

3           傷病者に反応がなければ、大声で叫び応援を呼ぶ。

4            119番通報およびAEDを現場に届けてもらうよう協力を求める。

この時AEDがなくても必ず戻るよう声掛けする。

5           呼吸を見る。(10秒以内)

6           呼吸が止まっていると思ったら、胸骨圧迫(心臓マッサージ)を30回。

7           人工呼吸2回。

8           心臓マッサージ30回。

9           上記6.7を絶え間なく続けてください。

 

さらに、AEDを使って

1           傷病者の近くで、電源を入れる。

2           衣服を脱がせる。

3           電極パッドを貼る。

4           AEDが自動的に心臓のリズムを診断。

5           結果、ショックの必要があれば、誰も触れていないのを確認して電気ショック。

6           電気ショックの後すぐ心肺蘇生。

 

この手順が、人命救助の可能性を広げます。

参加した職員一同、日頃の笑顔を捨て真剣な表情で訓練していました。

   

いつ目の前で大切な人が倒れ救助することが無いとも限りません。

これからも防火防災の意識を高め、また応急手当の流れを忘れずに日々がんばります。


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号
TEL:0968-62-0622