今月の行事食は暑中見舞い膳!!

 icon-cutlery 暑中見舞い膳のメニューは?

・パエリヤ

・さっぱり酢豚

・冬瓜の含め煮

・胡瓜の洋風浅漬け

・コーン茶碗蒸し

・トマトのジュレ

 

今回、調理スタッフの私は初めての行事食のリーダーとなり、緊張して当日を迎えました。

でも、予定よりも段取りがよくスムーズに進めることが出来ました。これは、予め打ち合わせや試作をしていたためで、改めて試作・打ち合わせの大事さに気づきました。

患者さんへお持ちすると、

「うわっ!!」「豪華ね~!!」

と言って頂き、嬉しさと達成感を得ることが出来ました。 😛

また、自分が提案し調理した“コーン茶碗蒸し”は旬の食材のトウモロコシをとても美味しく食べられる料理で見た目もきれいで、珍しくもあり自信作となりました。

今回の経験を日頃の給食調理に活かし、味、盛り付け共にもっと上達するように頑張っていきたいと思います。

      

まだまだ、厳しい暑さが続きます。栄養と充分な睡眠をとられて、この夏を乗り切りましょう!


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号
TEL:0968-62-0622



 

8月26日はマザーテレサの日!!

5月12日はフローレンス・ナイチンゲールの誕生日に由来し、「看護の日」というのを紹介しましたが、今回はマザー・テレサの誕生日に由来し、「マザーテレサの日」の紹介です。

看護・介護の仕事をしている人で、マザー・テレサの名前を知らない人はほとんどいないでしょう。

マザー・テレサ(Mother Teresa, 1910年8月26日 – 1997年9月5日

マザー・テレサですが、現在のマケドニアのスコピエに生まれ、カトリック教会の修道女にして修道会「神の愛の宣教者会」の創立者。またカトリック教会の聖人です。

幼少の頃から聡明で地理が好きだったそうです。1946年、汽車に乗車中に「全てを捨て、最も貧しい人の間で働くように」という啓示を受け、神の愛の宣教者会を設立しました。

「飢えた人、裸の人、家のない人、体の不自由な人、病気の人、必要とされることのないすべての人、愛されていない人、誰からも世話されない人、のために働くこと」を目的としています。

学校に行けないホームレスの子供たちを集めて街頭での無料授業を行うようになり、教会や地域の名士たちからの寄付が寄せられるようになりました。

 

その後ホスピスや児童養護施設をどんどん開設していきました。

マザー・テレサの活動は世界からも関心を持たれ、修道会は世界中の貧しい人々のために活動を行いました。

 

生前からその活動は高く評価され、1973年のテンプルトン賞、1979年のノーベル平和賞、1980年のバーラト・ラトナ賞(インドで国民に与えられる最高の賞)、1983年にエリザベス2世から優秀修道会賞など多くの賞を受けました。1996年にはアメリカ名誉市民に選ばれています。

日本にも1981年から3回訪問されています。

マザー・テレサの功績に「死を待つ人々の家」というホスピスの開設があります。ホスピスとは、ウィキペディアでは「ターミナルケア(終末期ケア)を行う施設のこと。または在宅でおこなう、ターミナルケアのこと」となっています。ホスピスと緩和ケアという言葉がありますが、どちらも「患者さんに苦痛がないよう、医療だけでなく心のケアを提供すること」を目的としています。

 

最後に、マザー・テレサは数々の名言を残していますが今回は2つ紹介します。

1、「大切なのは、どれだけたくさんのことをしたかではなく、どれだけ心を込めたかです。」

2、「私たちは、大きいことはできません。小さなことを大きな愛をもって行うだけです。」

 

この記事を読んで少しでも奉仕・ホスピスや緩和ケアに関心を持っていただいたら幸いです。


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号
TEL:0968-62-0622



 

 

 

素敵な患者様!!

この方は、西原クリニックの入院患者様の中で最高齢(なんと今年で97歳!!)の方ですが、お元気でうらやましい限りです。

今日は入浴の日で、自然にスタスタと早歩きになり浴室前でスタッフを待っています。

歩行のほうもしっかりされていて、シルバーカーの操作も私たちが驚くほど動きに「キレ」があられます。

食事も3食きれいに食べられています。

是非ともオーバー100歳を目指して頂きたく、私達スタッフも毎日がんばっています。


かぜ~けが~がんまで

西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目4番24号
TEL:0968-62-0622