菖蒲湯!!

icon-cutlery

菖蒲湯をご準備いたしました!!

しょうぶは、香り豊かで風情があるばかりでなく、魔除けの効果も抜群です。

※しょうぶとはサトイモ科の植物で、剣のように勢い良く伸びる葉と独特の香気を持っています。葉を煎じて飲めば腰痛に効き、茎は結構を良くし、菖蒲湯はリラックス作用や肩こり・神経痛・腰痛予防にも効果があるそうです。

今年も入院患者様に菖蒲湯に入っていただきました。そこで嬉しいお言葉をいただきました。

■入院患者のTさん

「こどもの日の行事なので、子供がしょうぶの様にまっすぐ伸びますように」と「今から梅雨に向かっていくので、雨にもめげずに成長するように」と願いました。菖蒲湯に入ったのでますます長生きしたい!!と喜んでおられました。

■入院患者のSさん

「とにかくなつかしい。今あまり見かけないのでめずらしい。昔は家の近くの池にもあったけど…。うれしくてお風呂の中で抱っこして入りました」

と、ニコニコしながら話されました!!

   


かぜ~けが~がんまで

医療法人成風舎 西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24

TEL:0968-62-0622



 

今月の行事食はお花見弁当!!

 

icon-cutlery

   icon-cutlery メニューは?

・春の三色おにぎり
・ヒレカツ
・エビ、アボガドの春巻き
・だし巻き卵
・竹の子の含め煮
・エンドウとカニカマのゴマ和え
・フルーツ
・お花見クレープ
・すまし汁

 

今月の行事食は《お花見弁当》です。

今年も桜の季節となりました。
開花してから雨も少なくお花見を楽しまれた方も多いのではないでしょうか。

入院中の患者様にもお花見の気分を味わって頂こうと、お花見弁当をお出ししました。
ご飯は、春の三色おにぎり、カツやだし巻き卵もしっかりスタンバイ!
旬の竹の子は含め煮にし、ワラビはすまし汁に仕立てました。
若草色に焼き上げた桜餅の皮に餡を挟み桜の花を模った飾りを施しクレープ風に仕上げました。やはり甘いものは外せませんね。

召し上がられた患者様から
「おいしいのは言うまでもないけど、スタッフさんの心まで頂くことが出来、本当に感動しました。」とのお声をかけてもらえました。
平成最後の行事食で、スタッフみんなの思いが伝わる食事が提供でき、達成感を感じることが出来ました。

     


かぜ~けが~がんまで

医療法人成風舎 西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24

TEL:0968-62-0622



 

今月の行事食はひな祭り!!

 

icon-cutlery

   icon-cutlery メニューは?

・型抜き寿司
・白身魚の春雨あんかけ
・大根サンドカツ
・ミモザサラダ
・すまし汁
・イチゴゼリー&牛乳寒
・ひなあられ

 

今月の行事食は《ひな祭り膳》です。

桃の花の形のお寿司は海老やレンコン、飾り切りされた胡瓜などを一つ一つ丁寧に飾りました。

また、大根サンドカツは、白・ピンク・緑の配色でひし餅に見立てました。スタッフ手作りの男雛・女雛の中に入っているのは、お餅を小さく角切りして揚げたものに三種類の味を付けた雛あられです。

患者様へお出しすると、
「今日は何ね?」
「かわいかねぇ~、ごちそうだねぇ~!」
とニコニコされました。

女の子のお祝いにふさわしい、かわいく、華やかなお膳をみんなで作り上げることが出来ました。
皆様のお宅では、お雛様を飾られましたか?
当院の患者様のベッドサイドには、しばらくは手作りのお雛様が飾られていることでしょう。

     


かぜ~けが~がんまで

医療法人成風舎 西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24

TEL:0968-62-0622



 

今月の行事食は節分!!

 

icon-cutlery

   icon-cutlery メニューは?

・恵方巻き

・魚の幽庵焼き

・揚げ出し大根

・沢煮椀

・ロールケーキ

・節分豆

 

今月の行事食は《節分》の料理を2月1日にお出ししました。

恵方巻き節分豆など節分にちなんだものや、手作りのロールケーキはあっさりと軟らかいケーキに仕上がっており、

とても好評でした。

患者さんたちは、恵方巻の横に模られた梅にしばらく見入っておられ、また、節分豆が入ったお手製の升のお多福に、にっこりされていました。

 

これからも、行事食に限らず、普段の食事を通じて、患者さんに笑顔になって頂けるように頑張っていきたいと思います。

 

     


かぜ~けが~がんまで

医療法人成風舎 西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24

TEL:0968-62-0622



 

インフルエンザを早く見つけましょう!!

本日はインフルエンザ検出検査機器のご紹介です。

 

インフルエンザが全国的に猛威を振るっています。

1月25日(金)の厚生労働省の平成31年第3週分の発表によると、全国約5千カ所の定点医療機関から報告された直近1週間(14~20日)の1医療機関あたりの患者数が53.91人になったとの事です。(前週は38.54)

全国の推計の患者数は約213万人で、前週から約49万5千人増えました。都道府県別で、熊本県は上位から16番目に多い56.30でした。また年齢別では5~9歳が約35.4万人と最も多かったです。

熊本県の感染症発生情報(週報)はこちらから

 

当院でも1月に入ってから、インフルエンザの患者様が増えてきました。

今年のインフルエンザの症状は例年と違い、平熱や微熱が続き、咳・鼻水や下痢・吐き気・嘔吐等の胃腸炎症状がみられることもあるようです。

ただの風邪の症状とは思わずインフルエンザを疑い、早めの受診をして下さい。

西原クリニックでは今までよりもインフルエンザを早期に診断し、早期に治療開始する目的で、(富士フィルム社製富士ドライケムIMMUNO AG1)を昨年より導入し、インフルエンザ迅速検査に利用しております。

この機器で検査を行うと、ウイルスが少ない感染初期のインフルエンザでも、早期発見が可能になります。メリットとして、症状が進む前に治療が可能になります。

※検査機器使用は感染時間等を加味して医師が決めます。

 

インフルエンザが疑われる患者様は、マスクを着用の上、お早めにご来院ください。

 

検査機器導入のチラシ(富士ドライケムIMMUNO AG1)

 


かぜ~けが~がんまで

医療法人成風舎 西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24

TEL:0968-62-0622



 

今月の行事食はお節料理!!

 

icon-cutlery

   icon-cutlery メニューは?

・赤飯

・エビの煮付け

・がめ煮

・松竹梅蒲鉾

・ブリの照り焼き

・鶏八幡巻き

・菊花かぶ

・たたきごぼう

・手作り伊達巻

・昆布巻き

・栗きんとん

・羊羹

・すまし汁

 

今月の行事食は《お節料理》です。

あけましておめでとうございます。

『平成最後の○○』のフレーズがあちらこちらで飛び交っていますが、我がクリニックでも平成最後のお節でお正月を迎えました。

朝食では、お雑煮、黒豆、ごまめ、数の子を。

昼食では、縁起のよい料理を松花堂のお弁当箱に詰めてお出ししました。

今年は伊達巻も手作りにして、しっとりと甘すぎないものが出来ました。

 

『平成最後の○○』がこれからもたくさん飛び交っていくでしょう。

あと残りわずかな平成も、また新しい年号になってからも、どうか平和、平穏な年になりますように。

皆さんにとっても、良い年になりますように。

今年も宜しくお願い致します。

 

     


かぜ~けが~がんまで

医療法人成風舎 西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24

TEL:0968-62-0622



 

看護師長 高森豊子より皆様へ新年のご挨拶

新年のご挨拶

 

新年明けまして おめでとうございます。

皆さま、健やかな新しい年を迎えられたことお喜び申し上げます。

 

今年も、西原クリニックは、地域の皆様のご健康を支える「かかりつけ医」としての役割を果たしていきたいと思います。

 

かぜ・けがなどからがんに関する様々な相談や治療、そして看取りまで、外来~入院~在宅を問わず、ご希望の療養の場にあわせて診療を行っていきます。ご気軽にご相談ください。

 

私達西原クリニックは、いつもより身近な存在として、地域の皆様の健康を支援いたします。

 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

皆様にとって心安らかで穏やかな1年になりますように、心よりお祈り申し上げます。

                          平成31年1月吉日

     医療法人成風舎 西原クリニック 看護師長

高森 豊子


かぜ~けが~がんまで

医療法人成風舎 西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24

TEL:0968-62-0622



 

院長 中村光成より皆様へ新年のご挨拶

新年のご挨拶

 

あけましておめでとうございます。

近年、「地域包括ケアシステム(地域で社会保障体制を完結するための町づくり)」という目的の達成に向けて、全国的に在宅医療を中心とした地域医療連携体制の整備が行われています。荒尾市でも医師会を中心に取組みが行われていますが、市全体で協力する体制が整いつつあり全国的にも注目されるようになっています。その中でも、入院にも対応できる有床診療所は「究極のかかりつけ医」として役割が期待されています。当院も有床診療所としてがんの診療には積極的に取り組んでおり、荒尾市でがん患った方の八人に一人が当院で最期を迎えられるようになっています。勿論、カゼを始め一般的な内科疾患やちょっとしたケガから手術が必要な外科疾患、サポート医として認知症に対する診療も行っており、入院病床もあるので急性期から回復期、慢性期まで幅広く対応が可能であり、究極のかかりつけ医としての役割を果たしていきたいと考えております。

また、荒尾市では、「地域医療構想」をはじめ、「在宅医療介護連携推進事業」、「地域緩和ケア連携調整員制度」、「在宅医療・救急医療連携セミナー」、「大規模認知症コホート研究」、「在宅医療サポートセンター」、「あらお健康手帳(仮)」など多くの政策事業が進められており、これらの事業にも当法人は積極的に参加しており、医療だけではなく介護も含め町づくりの拠点となれるように、地域の皆さまと共に頑張っていきたいと考えております。

本年も、医療法人成風舎の西原クリニック、複合介護施設風の杜をよろしくお願いいたします。

平成31年1月吉日

     医療法人成風舎 西原クリニック 院長

中村 光成


かぜ~けが~がんまで

医療法人成風舎 西原クリニック

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1-4-24

TEL:0968-62-0622