各科の主な疾患

当院の診療科目をご案内します。次のような症状・疾患がある方は受診してください。

内科

一般的な内科疾患の治療

風邪、扁桃腺炎、発熱、胸痛、むくみ、動悸、疲れ・疲労、だるい、体重減少、立ちくらみ、嘔気、嘔吐、吐き気、胸焼け、食欲不振・減退、肩こり、花粉症、蕁麻疹、アレルギー性鼻炎など。

循環器内科系疾患の治療

狭心症、心筋梗塞、心不全、心臓弁膜症、不整脈、大動脈瘤、心筋症、心臓発作、 動脈硬化症、急性冠動脈症候群など。

呼吸器内科系疾患の治療

咳、痰、気管支喘息、気管支炎、肺炎、肺気腫、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、 肺結核、いびき、睡眠時無呼吸など。

外科

外傷一般(打撲・捻挫・切り傷・やけど等)、リウマチ、腰痛、肩・膝等の関節痛、そけいヘルニア、 肛門疾患(痔)、皮膚・皮膚下のしこりなど。

消化器内科

消化器内科系疾患の治療

腹痛、急性・慢性胃炎、胃痛、胃・十二指腸潰瘍、下痢、便秘、逆流性食道炎、 過敏性腸症候群、食中毒、胃痙攣、胃下垂、胃もたれ、心窩部(みぞおち)の痛み、 胆石症、急性・慢性肝炎、自己免疫性肝炎、脂肪肝、B型肝炎、C型肝炎、肝硬変など。

放射線科

一般的な放射線診断の対象

すべての悪性腫瘍(癌・肉腫)大部分の良性腫瘍脳血管障害多くの呼吸器疾患急性腹症やその原因となる疾患(胆嚢炎、膵炎、イレウス、腸炎、尿路結石など)

画像上で臓器に変化が観察できるものは全て放射線診断の対象となるため、他にも数え切れない程の疾患に画像診断が利用されています。画像診断は日進月歩であり、対象となる疾患は現在も増え続けています。

リハビリテーション科

リハビリテーション室では、入院・外来患者様(主として急性・亜急性期、維持期)に、日常生活や社会復帰の支援、よりよい療養生活を送っていただくための支援を行っております。