トピックス5

認知症2

認知症の種類と特徴

認知症は、認知機能の障害によって社会生活などが困難になる病気を総称したものです。 代表的な疾患がアルツハイマー型認知症ですが、他にも脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症など、さまざまな種類の症状があります。 日本では「アルツハイマー型認知症」、「脳血管性認知症」、「レビー小体型認知症」、「前頭側頭型認知症」が4大認知症と呼ばれています。
4大認知症には、それぞれ特徴があり、その対処法なども異なります。 それぞれの種類と症状をしっかり把握しておく事が予防や進行を止める鍵になります。

*分類の方法によっては3大認知症と表現される場合もあります。
*これらは代表的な4つであり、その他にも認知症には様々な症状があります。

「アルツハイマー型認知症 とは?」

■症状と特徴

認知症の実に約50%がこのアルツハイマー型認知症と言われております。
もの忘れから気付くことが多く、今まで日常生活でできたことが少しずつできなくなっていきます。新しいことが記憶できない、思い出せない、時間や場所がわからなくなるなどが特徴的です。また、物盗られ妄想や徘徊などの症状が出ることがあります。
また、このアルツハイマー型認知症は、男性より女性の方が発症率が高いとされるのも特徴です。

・記憶障害

アルツハイマー型認知症の代表的な症状が「記憶障害」です。
正常な人は、何か約束を忘れたとしても約束の内容を教えてもらえれば自分が忘れていたことを自覚することができます。しかしアルツハイマー病患者の場合は約束していたこと自体を思い出すことができません。

・判断力の低下

例えば、本を冷蔵庫の中にしまい、生ものを散らかすようになったり、夏なのに冬のように厚着をするなどの行動が見られます。
社会的なルールにおいても判断力が弱まり、人の敷地に勝手に入ったり、お金を払わずにお店から品物を持ち出すこともあります。

・見当識障害※1

「自分がおかれている状況の理解力」が衰え、日付や時間、今自分がいる場所が答えられないといった症状も見られます。

・その他

会話をしている相手が誰だか分からない、もしくは別の人間だと思うこともあります。
また、徘徊が始まり、誰かに自分の所有物を取られた「物盗られ妄想」などの症状、介護拒否などの態度を取ることがあります。

■アルツハイマー型認知症の原因

アルツハイマー型認知症患者の脳には、アミロイドβやタウと呼ばれる特殊なたんぱく質が溜まり、その結果正常な神経細胞が消滅することが病気の原因と考えられ、脳が萎縮している事が見受けられます。

アルツハイマー病の症状は、ある日突然深刻な状態で出ることもあり、周りの家族を混乱させます。患者の見当違いな言動に不快感や怒りを感じることもありますが、否定をせずに話を合わせる事が大切です。そして早めに専門医の診察を受けるようにして下さい。

現在は有効な薬も開発されており、病気の進行を止めたり、遅らせることができます。

■病状の進行状態

・初期症状は「もの忘れ」

アルツハイマー病は「もの忘れ」から始まり、慣れた言葉を思い出せなかったり、鍵の場所などが分からなくなるなどの症状が見られます。しかし、些細な事として本人も周りも気にとめず、病気の兆候を見逃してしまうことがあります。

・中期以降の症状は「判断力の低下」

記憶障害だけでなく、判断力の低下も見られるようになり、自分で計画を立てて行動することが困難になります。
また、見当識障害※1が見え始め、現在の日付・時間・場所が答えられなくなります。症状が進むとトイレも1人で使えなくなります。(使用後に水を流すといった手順も分からなくなるため)性格も変化し、被害妄想を抱いて家族に疑いの目を向けたり、徘徊などの行動を取ることもあります。

見当識障害※1
「今日は何月何日か」「ここはどこか」「自分は誰と話をしているか」などが認識できなくなる障害です。

「脳血管性認知症 とは?」

■症状と特徴

脳梗塞や脳出血などによって発症する認知症です。脳の場所や障害の程度によって、症状が異なります。そのため、できることとできないことが比較的はっきりとわかれていることが多いです。手足の麻痺などの神経症状が起きることもあります。
脳血管性認知症は、主に外傷や病気などによって引き起こされる認知症で、アルツハイマー型に次いで発症率が高く、全体の約20%を占め、男性に多い症状です。

・脳梗塞を経験した人は要注意

脳血管障害のなかでも、もっとも原因になりやすいのが、「脳梗塞」です。
その他、脳出血・脳挫傷・脳炎などで脳の血管が障害を受け、その後遺症として発症します。アルツハイマー型認知症とよく似た症状が現れますが、アルツハイマー型認知症は徐々に進行していくのに対し、脳血管性認知症は段階的に進行していく事が特徴です。

・抑うつ症状

うつ状態に近い症状で意欲低下や自発性低下、夜間の不眠や不穏が目立ち昼夜逆転になりがちです。表情は暗く、動作はゆっくりと遅くなります。

・感情失禁

感情機能をつかさどる前頭葉の血流障害により、感情が上手くコントロールできず、些細なことで怒ったり、泣き出したり、笑ったりするようになります。

・認知機能の低下

比較的軽度ではありますが記憶障害などの認知機能の低下もみられます。
また、分からないことを周囲に伝えない、熟考する等の点がアルツハイマ―型認知症とは大きくことなる点です。

・運動障害

運動機能に様々な障害が現れます。身体のしびれ、歩行障害、尿失禁、などの運動障害が生じます。

■症状の進行状況

・段階的進行でムラのある症状

脳血管障害の発作に伴って発症するため、発作が繰り返されるたびに病状が段階的に悪化していくという経過を辿ります。
また、障害された部位によって症状が異なります。
記憶力が低下している一方で理解力や判断力、人格はしっかりと保たれているといった「まだら症※2」が見られるのも特徴です。
また、脳血流の循環不全を伴うことから、認知症の症状が日ごとに大きく変動します。原疾患である脳血管障害に対する早期治療とリハビリを行えば、認知症の症状をある一定のところで抑えることも可能です。

まだら症※2
記憶力が低下していても、判断力や理解力などは低下していなかったり、時間帯によって症状がひどかったり、突如普通に戻ったりなどを繰り返します。脳血管性認知症が原因であり、損傷を受けた血管の場所や状態によってこのような症状が出ると考えられています。

「レビー小体型認知症 とは?」

■症状と特徴

実際にはいない人が見える「幻視」、眠っている間に怒鳴ったり、奇声をあげたりする異常言動などの症状が目立ちます。また、手足が震える、小刻みに歩くなどパーキンソン症状がみられることもあります。頭がはっきりしたり、ボーッとしたり、日によって変動することも特徴的です。脳の中に「レビー小体」と呼ばれる特殊なタンパク質が溜まり、神経細胞が死滅することが原因と考えられております。

・幻覚症状(特に幻視)

実際には居ないものが見えると訴えることがあります。
具体的な内容を反復した幻視が多く、例えば「黄色い服を着た子どもが部屋の隅に座っている」などです。

・パーキンソン症状

表情が乏しく動作が緩慢になったり、手の震えが起こります。筋肉がこわばるため身体のバランスを取る事が難しくなるなど運動機能が著しく低下します。

・うつ症状

診断を間違えるほど、うつ症状と同じような状態が見られます。
食欲、睡眠の減退なども見られ、睡眠中に急に大声をあげるなどレム睡眠行動障害と呼ばれる症状が出る事もあります。

レビー小体型認知症の原因

脳の神経細胞の中に「レビー小体」と呼ばれる異常なたんぱく質の塊がみられます。このレビー小体が大脳に広くに現れると、その結果、認知症になります。

■病状の進行状態

他の認知症と比べもの忘れといった記憶障害よりも、初期の段階では本格的な「幻視」が見られる場合が多くなります。
ですが、最初に出た症状から「パーキンソン病」や「うつ病」と誤診されることも多くあり注意が必要です。

「前頭側頭型認知症 とは」

■症状と特徴

脳の前頭葉と側頭用が萎縮していく認知症です。
前頭葉は感情、理性的な行動のコントロール、状況を把握するといった重要な機能を持っています。また側頭葉は、言葉を理解したり、記憶したり出来る場所で、聴覚や嗅覚も司っています。

・精神疾患と誤診されるケースもある

他の認知症の症状と比較すると、記憶力障害など物忘れなどはあまり目立ちませんが、理性的に物事を考える力が衰えて行きます。周りには性格が粗暴になったように見えたり、万引きなど反社会的な行動に出ることがあります。
このように、一般的な行動から逸脱している場合が多いために、精神疾患と誤診されるケースもあります。
例えば、会話の中身とは関係の無い言葉を繰り返したり、同じ行動を同じ時刻に行うことにこだわったり、それらが邪魔されると激しく怒りだしたり感情のコントロールが出来なくなるなどです。

・若い世代からの発症が見られる

他の認知症と比べ、50代から60代といった比較的若い世代でも発症するのも前頭側頭型認知症の特徴です。

■病状の進行状態

・仕事への意欲喪失

前頭側頭型認知症の発病初期では仕事への意欲の喪失などが見られます。この時点でうつ病と間違われることがありますがうつ病は生活全般において意欲を失うのに対し、前頭側頭型認知症では「元気はあるが自分のルールだけ守る」性格になります。

・常軌を逸する行動

日常生活において起床時間や食事の時間など自分が決めた時間に強いこだわりを持ち、その通りに実行します。突然家の中を歩き回るなどの行為も見られます。
また、トイレでない場所で用を足したり、腐ったものを食べるなどの異食行動も出始めます。

・成立しない会話

脈略なく同じ言葉を繰り返す事が多くなったり、会話が成立しなくなりますが、これは言語を考える前頭葉が萎縮しているのが要因と考えられます。

・反社会的な行動

善悪の区別がつかないため、ルールを無視した、自分の思うままの行動を取る事が多くなります。万引き、痴漢などをしても本人には罪悪感がなく反省ができません。また赤信号でも周りを注意せず平気で渡ったりするので危険です。
順番を無視する事が多く、注意されると怒り出し、時には暴力を振るうこともあります。

「若年性認知症とは?」

一般に認知症は65歳以上の高齢者がなる病気と考えられていますが、
若い人でも発症することがあり特に64歳以下で発症する場合を若年性認知症と呼びます。

■症状と特徴

現役で働いていることが多い世代なので、その分仕事の遂行能力の低下から異常に気付くことは多いとされています。しかし、これを認知症と結びつけられなかったり、医師の診察を受けても、うつ病や更年期障害と診断されてしまい、結果として適切な治療を受けられないといった事例が多く見られます。

2009年時点での厚生労働省の調査では、若年性認知症の平均発症年齢は51歳とされており、高齢者の認知症と異なり、アルツハイマー型認知症より脳血管性認知症の方が発症件数において上回っています。若年層の認知症は家族に与える経済的損失も大きいため、早めの治療が重要になります。

「アルコール性認知症 とは」

■症状と特徴

・アルコールの長期多量摂取による弊害

アルコールを長期にわたり大量に飲み続けることで発症する認知症です。
ビタミンB1欠乏によって引き起こされる栄養障害などにより、脳血管障害が起こりアルコール性認知症を発症します。
記憶力の低下や見当識障害などアルツハイマー病に共通する症状の他、見たもの聞いたものから暗示を受けて妄想的な世界に入り込んでしまう「非暗示性の病的な高まり」という症状が見られます。この症状が出ると、病院に診察に来ているのに警察に取り調べを受けているなどの妄想を抱きます。また、幻聴やちょっとしたことで怒り出すなどの症状も見られます。

■病状の進行状態

多量飲酒そのものが脳を萎縮させるとも考えられており、脳梗塞や栄養障害を引き起こす元とも考えられています。
アルツハイマー型認知症のように徐々に症状が進むのではなく、ある日突然ひどい状態で発症することがあります。

「正常圧水頭症 とは」

脳の中に水が溜まることで脳室が広がり、記憶障害や歩行困難を引き起こす認知症です。 もともと人の脳と脊髄は「脳脊髄液(髄液)」とよばれる液体にひたされています。この液は脳室でつくられ、脳と脊髄を循環した後、頭頂葉の静脈洞で吸収されますが何らかの理由で吸収されなくなると脳室内にたまり各種の弊害をもたらします。

■症状と特徴

他の認知症同様、記憶障害が見られますがアルツハイマー病ほど重い症状は見られません。
一方で、正常圧水頭症では歩く時歩幅が狭く左右に開き、床に足をするような歩行障害を見せます。これは転倒につながるため注意が必要です。
尿失禁も正常圧水頭症の特徴で、尿がたまっている自覚があるにも関わらず漏らしてしまいます。
脳室に溜まっている水が原因ですので、手術により脳室の水を身体の他の場所へ流すことで改善が見込めます。

■病状の進行状態

記憶障害は軽いものの、進行すれば注意力や集中力の低下が目立ちます。またぼんやりして表情の変化も乏しくなります。
前述のように手術が可能な認知症ですが、対応が遅れると大きな改善が期待できない場合もあるので早めの処置が必要です。

「その他 認知症に関わる症状」

・インフルエンザ脳症

インフルエンザウイルスにより脳を侵されることで脳の一部が壊死し、知能低下や歩行困難を発症します。

・甲状腺機能低下症

甲状腺ホルモンの分泌量低下が原因とされ、居眠りや記憶障害などの症状が見られます。甲状腺ホルモンの補充で改善します。

・糖尿病性認知機能障害

初期のアツルハイマー型認知症患者が糖尿病を併発した場合、認知症の症状が早めに現れると考えられています。これについてはまだはっきりした因果関係は明らかになっていませんが、糖尿病は脳血管障害の原因にもなりやすいため何らかの結びつきがあると考えられています。

【参考:アシスト!認知症http://www.assist-ninchi.com/naruhodo.html】