そけいヘルニア診療が得意



そけいヘルニアでお悩みなら、当院へご相談ください。

そけいヘルニアは腸などの内臓が太ももの付け根部分にはみ出している状態のことで、初期段階では痛みもなく手で押すとひっこみますが、放置すると腸閉塞の症状を伴い、腸に血が通わなくなり壊死するケースもあるため、緊急手術が必要となります。 自然治癒はなく、手術以外に有効な治療方法がないのが現状です。 そけいヘルニアは良性疾患ですが、その症状により日常生活が妨げられる場合には、手術をしないと改善を見込めません。そこで、当院では日常生活にある程度支障をきたす場合には手術をおすすめしております。 しかし、症状がない場合にはある一定期間経過観察をして様子を見る選択をする事も可能です。
手術にはリスクが伴いますので、当院ではそけいヘルニア手術を小手術としての認識ではなく、専門性をもって治療を行う姿勢を心掛けております。

ぜひ当院へご相談ください。