特集記事

特集1:かかりつけ医のすすめについて

あなたの健康をサポートするかかりつけ医をお持ちください。地域の医療を担うかかりつけ医は、患者さんの身近なところで健康をサポートしています。日頃の健康のお悩みなども気軽に相談できます。

かかりつけ医とは?

「かかりつけ医」とは、日ごろの健康相談や、病気になった際に初期医療を受けられる、地域の医院・診療所の医師のことをいいます。
かかりつけ医は、普段から患者さんの健康情報や持病などをよく知っているので、もしもの時でも適切な対応ができます。
また、病状によって医院・診療所での治療がむずかしい場合でも「病診連携」をはかり、適切な医療機関をすばやく患者さんにご紹介することができます。
このように普段の生活から非常時まで、かかりつけ医は心を込めて、患者さんの健康をサポートしています。
家族全体の健康状態(病歴・体質・持病など)を把握してくれている、かかりつけ医(ホームドクター)がいると安心ですね。
健康管理の面でアドバイスを与えてくれたり、入院や高度な治療が必要になった時、医療機関を紹介してくれるなど、あなたの家族の頼もしい健康管理のパートナーになってくれるでしょう。
​ 持病のある方はもちろん、元気な方でも、ご自身あるいはご家族の健康についての相談相手として、「かかりつけ医」をお持ちになることをお勧めいたします。子どもから大人まで、信頼できる「かかりつけ医」に健康管理をしてもらうことは、病気の予防・早期発見・早期治療につながります。
まず、「かかりつけ医」に診察してもらい、さらに詳しい検査や高度な治療が必要と診断された場合には、必要な情報を添えて、適切な医療機関を推薦してもらいましょう。

かかりつけ医のメリット

1.待ち時間が比較的短く、受診の手続きも簡単で、じっくり診察してくれる。

2.入院や検査などが必要な場合、適切な病院・診療科を指示、紹介してもらえる。

3.家族の病状・病歴、健康状態を把握しているので、もしもの時に素早い対応をしてくれる。

4.食事面等、日常の健康管理のアドバイスをしてもらえる。


かかりつけ医はどう探す?探すときのポイント!!

1.身近にあること
身近で気軽な相談ができるためには、まず「近い」ことです。
それは自宅でも、また学校や幼稚園や保育園といった子どもの生活圏にあったり、また職場の近くであったり、自分や家族の生活の近くにあって、通いやすいことが重要です。

2.お互いに信頼できること
病気かなと思ったときに真っ先に相談できるお医者さんがいれば、適切な医療がスムーズに受けられます。
症状に対して適切な判断をし、説明がわかりやすく納得できることが重要です。そのためには、診療を受ける私たちも真摯である必要があると思います。


かかりつけ医の役割とは?

1.どんな病気でも
医師は専門以外の分野に関しても、十分な知識を持っています。
どこの病院に行っていいかわからないとか、症状が複雑でどこの診療科を受診していいかわからないといった私たちの疑問にも、適切なアドバイスをしてくれるはずです。

2.地域医療の中心であり、専門病院とも連携
かかりつけ医を中心とした地域医療機関との連携により、あなたに必要な医療の情報を提供してくれることはもちろん、患者の生活を支援するために、地域の医 療、保健、福祉コーディネーターの役割も担ってくれます。
かかりつけ医では検査不可能なものや、重い病気、特殊な病気等で高度な医療が必要とされるとき に、連携している地域医療の中核を担う病院や大学病院などの特定機能病院などを紹介してくれ、あなたに必要な入院や精密検査などの外来診療や治療、検査を 行うことが可能となります。


大きい病院へはかかりつけ医の紹介で

風邪などの日常的な病気や、生活習慣病(高血圧、糖尿病、高脂血症など)、安定した慢性疾患(胃腸病、肝臓病、心臓病、呼吸器疾患など)のときには診療所(医院)などのかかりつけ医を受診しましょう。
精密検査やより高度な治療が必要となったときは、かかりつけ医に適切な指示・紹介をしてもらい病院を受診します。
かかりつけ医の診療情報提供書(紹介状)を持って受診すると、スムーズに診察を受けることができます。

大きい病院で、何科にかかったらよいかわからないとき…

かかりつけ医がいれば、適切な診療科を指示してもらえます。病院に出掛けたはいいが、自分は何科を受診していいのか迷うこともあるでしょう。
自分の判断で診療科を選択してしまうと、⻑時間待たされた挙句に他の科にまわされるという事にもなりかねません。
そのような事を避けるためにも、まずはかかりつけ医に相談して、症状にあった適切な診療科を紹介してもらいましょう。
紹介状があればより安心です。